星新一「無料の電話機」のネタバレ解説

半年ほど前、エヌ氏は友人にお金を貸しましたが、
返済の期限をもう3日も過ぎているのに、何の連絡もありませんでした。

エヌ氏は腹を立て、催促の電話をします。

普通の電話もありましたが、無料の電話機を使うことにしました。

その電話機は、バブ広告社が新しく開発した広告媒体であり、
通話料が無料になる代わりに、途中でコマーシャルが入る仕組みでした。

相手が出ると、エヌ氏は貸した金の催促をしましたが、
相手は黙っています。

なんとか言ったらどうだ、聞いているのか、聞こえているのか、
とエヌ氏が言うと、通話が中断され、補聴器のコマーシャルが入りました。

それがすむと、相手は、商売の売り上げがのびませんので……、
と弁解をはじめました。

今度は経営コンサルタントのCMが割り込んできました。

借金なんか踏み倒せばいいという安易な気持ちがあるのなら、ただではすまないぞ、
とエヌ氏が脅すと、今度は銃や猟銃のCMがはじまりました。

もう少し待って下さい、と相手が言い、むすこが結婚するということを話すと、
結婚式場のCMがはいりました。

それならそれで、事情説明のあいさつに来るべきだ、とエヌ氏が言うと、
贈答品として和菓子のCMが流れこんできました。

ちょっとからだを悪くしまして、としのせいか、肩がこり疲れやすく鳴って……、
と相手が弁解すると、総合栄養剤のCMがありました。

病気で出られないのなら、手紙でも、電話でもいいのだ、とエヌ氏は言いました。

世の中が悪いんです、政府がもう少し、中小企業対策に熱を入れてくれるといいんですが、
と相手が言うと、今度は占拠に立候補した政治家のCMがはいったのでした。

というあらすじなのですが、
この話は、無料電話の登場を数十年前に予言していた話ですね。

また、この無料の電話機は、通話の内容に合わせたCMが流れる仕組みになっていますが、
これは、サイトを閲覧している1人1人のユーザーに対して、最適な広告が自動で表示される、
現在インターネットでは一般的なものとなった広告形式の登場も予言していますね。

今となっては陳腐化してしまったようにも感じられますが、
この話が書かれた1960年代当時は、テレビや新聞の広告のように、
不特定多数の人に向けた広告しかなかったことを考えると、
歴史的価値のある話だと思います。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)


見やすい記事一覧はこちらです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

宵物語 (講談社BOX)

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
ネタバレ部分は白字にしてあるので反転してお読みください。
荒らし対策のため、コメントを承認制にしています。承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく、一度承認したコメントを削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2020年7月26日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ(タブ)
最新コメント
カウンター
スポンサードリンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。