星新一「あるエリートたち」のネタバレ解説

大きな企業であるK社の新入社員のうち、
あらゆる面で優秀な人材と認められた4人が呼ばれました。

給料やボーナスは特別に多く払う、金は好きなだけ使っていい、
と重役は4人に言いました。

しかし、生産的なことは一切してはいかん、
と重役は言い、4人に仕事や勉強をすることを禁じました。

4人は重役用の寮へ送られ、雑用は管理人がなんでもやってくれます。

4人は軽い体操や釣り、トランプや碁や将棋、
マージャンなどをして過ごしましたが、それにはあきてしまいました。

依然として、仕事の命令はなく、
4人は玉突き台、パチンコ台、プール、射的、体操の道具など、
世界中の遊び道具を集めさせました。

女性も派遣されてきて、むかしの王侯貴族か大金持ちのような生活をします。

数年がたち、4人は既成の遊びにはあきてしまい、
新しい遊びをくふうしました。

地面に複雑な図形を描き、ボールを使い、
人間がチェスの駒のようになって遊ぶものでした。

4人がそれに興じていると、重役がやってきて、
新しいゲームを開発したことを褒めました。

現在あるスポーツやゲームは、どれも19世紀以前にうまれたもので、
精神的余裕を失っている現在の人びとは、
新しい遊びを開発する精神的余裕を失っているということを重役は話します。

そこで、優秀な新入社員4人を、むかしのひま人の環境に置き、
アイデアがにじみ出て形をとるのを待っていたのだそうです。

わが社は莫大な利益をあげるだろ、望み通り、どんな報酬でも出そう、
と言った重役に、
普通の職場でまともな仕事をやらせて下さい、遊びにはすっかりあきました、
と4人は言ったのでした。


というあらすじなのですが、
これは「まだコンピューターゲームがなかった時代の話、という感じでしたね。

現在だと、面白いゲームは、
ごく一部のカリスマが率いる大勢のプログラマー集団が作るもの、
という感じになっていますからね。

任天堂が、世界一売れたゲームと言われるスーパーマリオブラザーズを発売したのは、
1985年のことです。

一方、この話が書かれたのは1960年代です。

もしもスーパーマリオの発売後に、星新一さんがこの話を書いていたら、
全く違った内容になっていたのではないかと思います。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)


見やすい記事一覧はこちらです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

宵物語 (講談社BOX)

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
ネタバレ部分は白字にしてあるので反転してお読みください。
荒らし対策のため、コメントを承認制にしています。承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく、一度承認したコメントを削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2020年5月29日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ(タブ)
最新コメント
カウンター
スポンサードリンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。