星新一「天罰」のネタバレ解説

小さな家に住むエス氏は、大きな神棚を買いました。

夜になるとお灯明をあげ、お祈りの文句を長いあいだとなえつづけます。

路を通る人の耳にも聞こえましたが、
エス氏はお祈りの終るまで返事をしませんでした。

あなたもお祈りをしませんか、とエス氏は訪ねてきた人に勧誘し、
夜のお祈りをつづけました。

だれも訪れてこなくなったのを察したエス氏は、
録音装置を買ってきて自分の声を録音し、
お祈りの録音を流してアリバイを作り、宝石店に強盗に入りました。

金を奪うことに成功し、家に帰ろうとしましたが、
火事がおこってエス氏の家は全焼していました。

お灯明が倒れでもしたのだろう、すべての計画は、
すっかり灰になってしまった、とエス氏が考えたところで、
この話は終わります。


というあらすじなのですが、タイトル通り天罰が下ったのでしょうね。

アリバイ工作としては単純で、すぐに見抜かれてしまいそうですが、
やらないよりはやったほうがいい、という感じでした。

ただ、今回はそれが完全に裏目に出てしまいました。

家を留守だったことが明白になり、
どこに行っていたのか説明することもできませんし、
お祈りの声が聞こえているのに留守にしていたというのは、
凄く怪しいですからね。

宝石店の強盗事件と結びつけられ、この後、
エス氏は逮捕されてしまったのではないかと思います。

星新一「狂気と弾丸」のネタバレ解説

N氏は休養をとろうと観光地の旅館に行きました。

少しはなれた町にある精神病院から、中年の男性の患者が逃げだした、
という話を番頭はしました。

患者はオモチャの拳銃をつきつけられ、引金がひかれたとたんに、
胸を押えて倒れてしまったのだそうです。
本当にうたれたものと思いこみ、弾丸の摘出をやってくれと叫びつづけ、
医者は仕方なく、ありもしない弾丸をとりだすふりをする手術をしたのだそうです。

予約していた離れではなく本館にとまることを勧められましたが、
N氏は断り、離れにとまりました。

夜おそく、猟銃をもった患者が部屋に入ってきて、
銃の先をN氏にむけました。

患者は、理由もなく弾丸をうちこまれた復讐のために病院をぬけだし、
山のなかで猟師の小屋においてあった銃を見つけたのだそうです。
N氏を復讐の相手と思いこみ、銃をうとうとします。

N氏がベルを押し、旅館の人たちがやってくると、
患者は引金をひき、N氏は床に倒れました。

しかし、患者は「ありもしない弾丸を、あると思いこむ病状だったので、
銃は盗んでも弾丸は盗んでいなくて、弾丸は発射されていませんでした。

患者は復讐を終えて正気に戻りましたが、
N氏は恐怖のために狂い、早く弾丸を摘出してくれ、
と苦しがり、病院に連れていかれたのでした。


というあらすじなのですが、無限ループって怖くね? という感じですね。

N氏を治すには、「別のだれかに弾丸をうたせて
復讐させればいいのかもしれませんが、
そうするとその別のだれかがまた正気を失うような気がします。

最初に患者をオモチャの銃でうった人物をうたせて、
責任を取らせるのがいいかもしれません。

星新一「協力者」のネタバレ解説

主人公の青年には、金持ちな伯父がいました。

伯父は橋の欄干によりかかった時、それがこわれて川に落ち、
川の泥にはまりこんでなくなりました。

青年は、伯父の死について、責任をとっていただけないか、
と交通関係の役所や、建設関係や産業関係、河川を扱う官庁、警察庁、
通信関係の役所、地方官庁を訪れましたが、
どこも、うちではない、よそへ行け、と言いました。

衛星官庁でも責任をとれないと言われたところで、
青年はこの問題を打ち切りました。

回想です。
伯父の生前、青年の生活態度は感心しないもので、
伯父は極端なけちだったため、青年の生活は、ひどいものでした。

たちの良くない仲間に、伯父の家に泥棒に入るつもりだが、
手伝ってくれないか、手伝い料は1割だ、と言いましたが、断られます。

殺人を代行してくれる者をさがし、たのみましたが、
手付け金として、その半額をいま渡してほしいと言われ、
払えずに断られました。

それからまもなくして、伯父は橋の欄干から川に落ち、死んだのでした。

回想終わりです。

青年は叔父のものだった立派な邸宅に住み、召使いを使っていました。

お客様がお待ちになっていらっしゃいます、役所のかただそうですが、
と召使いに言われ、青年はその客に会います。

その客は、「税務署からまいりました、と言い、相続税を請求しました。

国家という殺し屋も悪くはない、だれが犯罪の責任者ともわからない、
功名きわまる方法でやってくれた、
しかし、それだけに請求してくる報酬も高いな、と青年は思ったのでした。


というあらすじなのですが、タイトルの「協力者」は、殺人の協力者という意味ですね。

よく、「相続税を払うために家を売った、
とかいう話を聞いて、漠然と相続税に怯えている人もいるでしょう。

しかし、この記事を書いている現在、相続税には基礎控除があります。
不動産等を含む遺産の時価の合計額のうち、
基礎控除を超えた部分にだけ相続税がかかり、
遺産が全て基礎控除に収まる人には、相続税はかからず、申告も必要ないです。

現時点では、誰でも3000万円の基礎控除があり、
さらに法定相続人の数×600万円までが基礎控除になるので、
少なくとも遺産が3600万円以下の人には、相続税は全く関係ない話です。

100人亡くなった時に、相続税のかかる人は、たったの8人なのだそうです。

普通の人には、今のところ相続税は無縁の話なので、怯える必要はありません。

逆に、相続税を考えないといけない人は、生きているうちに遺産を使いましょう。
あの世まではお金を持っていくことはできませんからね。
また、相続税よりも贈与税の方が安いので、生きているうちに贈与しましょう。

星新一「愛の指輪」のネタバレ解説

古道具屋に立ち寄った青年は、顔なじみの店の主人に、
おとなしくて美しい女性と好き合っているけど、
話が結婚のことになると、彼女はどうもにえきらない、
ということを相談しました。

店の主人は、古めかしい指輪を2つ青年に見せ、
これには異性を結びつける魔力があるということを言いました。

1つを男の指にはめ、もう1つを女の指にはめると、
2人は引きあい、結婚せざるをえなくなるのだそうです。

店の主人もこの指輪のおかげですばらしい女と結婚できたのだそうです。

いままでに買い集めた、貨幣のコレクションと交換し、
青年は1対の指輪をうけとりました。

青年は指輪を彼女へ贈り、もう1つを自分の指にはめて待ちましたが、
彼女からの1通の手紙がもたらされました。

彼女は後見人である伯母の家にいて、
伯母は彼女を監督することにだけ興味を持ち、
当分は結婚を許してくれそうにないのだそうです。
伯母は独身で意地が悪く、指輪も彼女からとりあげてしまったのだそうです。

青年は驚きましたが、「自分にもまだ独身で、
ひとの物をなんでも欲しがる伯父があったことを思い出しました。

指輪はみごとは効果をあげてくれたのでした。


というあらすじなのですが、青年は「伯父の前で指輪を見せびらかし、
伯父がその指輪をはめるように仕向けて、
指輪の魔力で青年の伯父と彼女の伯母を結婚させたのでしょうね。

意地悪な伯母がいなくなり、青年は彼女と結婚することができた、
というハッピーエンドですね。

彼女から手紙が届く前に、
指輪が青年と彼女の伯母を結びつけていなくてよかったですねw

星新一「四日間の出来事」のネタバレ解説

1日目。
男が会社の帰りに喫茶店に寄ってコーヒーを飲んでいました。

なにもかも平凡きわまる、
はたしてこれでいいのだろうか、と男がつぶやいた時、
貨幣を1枚入れてボタンを押すと、
占いの文句を印刷したカードの出てくる小さな装置が、光線の加減で光りました。

現在はこの占いの装置を置いてある飲食店は少なくなりましたが、
この装置は「ルーレット式おみくじ器」として知られ、
昭和時代に大流行し、最盛期には年間20万台も製造されていたのだそうです。

男が貨幣を入れ、ボタンを押すと、折りたたまれたカードが出てきました。
〈あなたは現状に安住しすぎています。
そのため、幸運をのがしています〉などと書かれていました。

2日目。
男は平凡すぎる生活に変化をつけるのを迷っていましたが、
占いの装置に手をのばしました。
〈せっかく思いついたことを、ためらってはいけません。
実行してみることです〉などとカードに書かれていました。

3日目。
男は支払いのために預けられた会社の金を持って、競馬に出かけ、
きのうまで考えもしなかった大金が、ポケットにおさまっていました。

男が貨幣を占いの装置に入れると、
〈あなたはいま、順調の波にのっています。
いまこそ幸運を味わうべきです〉などと書かれていました。

4日目。
男は昼ごろ例の喫茶店で、はげしい2日酔いを、なんとか追い払おうと、
4杯目のコーヒーを飲んでいました。

きのうの夕方、男は夜の街へ出て、高級な店で女の子に気前よくチップを払い、
女の子に歓迎されました。

きょう。昼ちかく男はホテルの1室で目をさまし、
もうろうとした頭でそこを出ましたが、会社に出勤する気にもならず、
この喫茶店にたどりついたのでした。

男の上役がとなりの椅子にすわり、
きのうの支払いが不明のまま、きみが無断欠席したので、
心配していたところだ、と言いました。

その金なら大丈夫です、と男はポケットをさぐりましたが、
きのうもうけた分どころか、流用した元金さえ残っていませんでした。

問題はこれなのです、と男は上役に言い、貨幣を占いの装置に押しこみましたが、
〈あなたは人がよく、暗示にかかりやすい性格です。
しかし、それをつぐなうのは暗示を与えた相手ではなく、
あなた自身なのです……〉とカードに書かれていました。


というあらすじなのですが、やっぱり平凡が1番だと思いました(平凡な感想)

今回の主人公の相談相手は占いの装置でしたが、
これが友人や恋人や家族や教師や医者やカウンセラーとか占い師とか
聖書とか新興宗教の教祖とか歌謡曲の歌詞とか小説とかドラマとか漫画とか
有名人のツイッターとかAIとかネタバレ解説ブログだったとしても、
お話としては成立するでしょう。

皆好き勝手なことを言っていますが、その言葉に従って失敗しても、
誰も責任を取ってくれません。

自分の人生は自分で決めないといけませんし、
その結果の責任も自分で取らないといけませんね。
プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦対十二大戦 (JUMP j BOOKS)

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
ネタバレ部分は白字にしてあるので反転してお読みください。
荒らし対策のため、コメントを承認制に変更しました。承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2018年2月12日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ(タブ)
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。