星新一「泉」のネタバレ解説

都心ちかくに新しくビルが建てられ、
主人公の男はビルの管理人として雇われ、
その地階の一室に妻とねとまりするようになりました。

何日目かの夜、主人公は妻に起こされました。

妻が便所から出ようとした時に、
だれかに背中をぽんとたたかれたような気がしたのだそうです。

主人公が便所を見に行くと、白っぽいコンクリートの壁から、
右腕が1本、生えていました。

主人公がナイフの刃の先で、壁の腕をひかっくと、血が出ました。

2人が壁から生えている腕を、首をかしげながら見つめていると、
そのうち、腕はしだいに壁の中に吸い込まれ、消えました。

警察にとどけましょうか、と妻は言いましたが、
主人公は反対し、これで金をもうける方法を考えることにしました。

何日かたつと、主人公は、あの腕から血を取り、びんに入れて、
血を買ってくれる会社に売ることにしました。
いくらか安くまけさせられましたが、その血は売れました。

主人公は採血の道具を買い、毎晩、壁からあらわれる腕から血を集め、
しだいに2人の貯金はふえました。

そのうち2人は、血がたくさんとれる時と、
ほとんどとれない時とがあることに気がつきました。
妻は、交番のそばの立札の、
赤い交通事故の件数に関係があると気づきました。

交通事故で流れた血が、地面にしみ込んでここに集ってくるのでした。

2人とって壁から生えた腕は、血の池ならぬ血の泉だったわけです。

2人の夜の作業は順調でしたが、そのうち、ものたりなさを感じ、
能率をあげるために小型の真空ポンプを買ってきました。

その夜、壁から腕の現れるのを待って、それにポンプをとりつけると、
瓶の中に勢よく血を吸い出しはっじめました。

しかし、どこか近くで事故がおこるかもしれないと考え、
主人公は屋上に出て身をのり出しましたが、
事故の起こりそうなけはいはありませんでした。

まてよ、と主人公が気がついた時、「背中を押されたような気がし、
落ちてしまいました。

装置のそばにいた妻は手くびを握られました。
握る手には力が加わってきて、めまいを覚え、倒れました。

時間が来たのか、腕は壁のなかに消えていき、
真空ポンプと、からだじゅうの血を失った死体と、
赤い液体をいっぱいにたたえた、大きなびんが残りました。


というあらすじなのですが、
主人公夫妻がポンプで腕から血を吸い過ぎたので、
腕はその穴埋めとして、主人公夫妻から死ぬまで血を吸い取った、

というオチですね。

ところで、現在では血液の売買は廃止され、
献血はボランティアのような無償提供になりましたが、
昔は生活費を稼ぐために血を売っていた低所得者が大勢いました。

また、本人の意思に反して、
暴.力団が売血をさせて金銭を得るような事例もありました。

そういった血液は、不衛生であったり、
肝炎ウイルスに感染していたりして、
売血された血の危険性が認識され、
日本では売血制度は終焉を迎えました。

しかし、現在でも血液を売買してる国は多く、
献血が不足している日本は血液を大量に輸入しています。
当然、そういった血液は、昔の日本と同じような品質です。

この問題を解決するには、結局、
国内の献血で、お金以外の報酬が必要になります。

献血に行くと体重測定、血圧測定、血液検査などが行われるので、
健康診断を無料で受けているようなものです。
病院で正規に健康診断を行うと、医療費がかかってしまうのに対し、
献血なら無料なので、それを目的に献血に通うのはいがかでしょうか?

ただし、ウイルス感染の検査目的の献血は、絶対にやめましょう。
感染していても本人には知らせないので無意味ですし、
検査は万能ではないので、ウイルスに感染した血液が、検査を素通りし、
患者に輸血されてしまう危険性があるからです。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

豆の上で眠る (新潮文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年9月8日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。