星新一「治療」のネタバレ解説

ほとんどの者が劣等感という病気にかかって、苦しんでいました。

しかし、マール氏という中年の男が、
自分の電気機具製造会社の工場を使って、
だれもが悩まされている劣等感から、
人びとを救い出す大きな電子頭脳を作りはじめました。

電子頭脳に記憶をうえつける時に、
できるだけ多くの人からデータを集めて、
きっちり平均値をそろえておきます。

そうすると、完全な平均人間、標準人間といったものができあがり、
これと患者を対面させるのです。

患者が電子頭脳よりまさっている場合だったら、
なにも気にすることはありませんよ、あなたはすぐれたほうの人間です、
とはっきり示してやることができます。

もし劣っていた時は、仕方がありません。

患者の全部はなおりませんが、半分はなおる装置です。

電子頭脳が完成すると、マール氏は幸福検定クラブを発足させ、
患者と装置を対面させました。

自分の性別、年齢などを、ダイヤルをまわして合わせると、
正面のスクリーンに人物の像があらわれてきます。

劣等感から救われた人は、
その標準人間はぱっとしないようすのやつだと判断し、
いままで、自分がなにをくよくよしていたのか、
ばかばかしくなったと話しました。

なおるといったうわさばかりが広まり、好評でしたが、
マール会長が電子頭脳のデータ―を手加減して、
実際よりはるか下を、平均と称しているのではないか、
と警視庁は調査をしましたが、不都合は発見されませんでした。

幸福検定クラブの電子頭脳は、都会のも、また地方につぎつぎと作られたのも、
連日、多くの人の話し相手になって、消すことのできる劣等感を消していきました。

劣った半分に判定を受けたものが、
何度も幸福検定クラブに何度もやってくるうちに、
しだいになおりつつありました。

マール会長は、装置の正確さを保つために、
つねに新しくデータ―を集めて、電子頭脳に入れかえ、
そのたびに古いデータ―は捨てられていました。

標準人間を追い抜いた途端に、向上への努力をやめるので、
スクリーンに出る標準人間の顔つきは、ますますのんびりとしていき、
はじめのうちは劣った半分に判定された連中も、
何回かかよううちに、標準人間を追い抜くのでした。

一時はあれほど混雑した幸福検定クラブも、
まったく患者が来なくなった時、
マール会長は幸福検定クラブにあらわれ、治療室にはいりました。

世の中の人間は、すべてぼんやりした人間になっていて、
これからスクリーンにあらわれる標準人間が、
マール氏よりはるかに低級であることには間違いはありませんでした。

彼はその標準人間を相手に、思い切り優越感を味わってやるつもりで、
今日まで装置との対面をのばしていました。

マール氏はスクリーンに浮かびでた標準人間にむかってつぎつぎと話しかけ、
からかいましたが、「標準人間は、からかわれようと、
軽蔑されようと、なんの反応も示しませんでした。
それはすべての人びとから、そのようなことをいやがる感情が、
ことごとく失われていることを示していました。

マール氏は、はじめてこのことに気づき、
あらゆる人からとりのこされてしまったことを知り、
たとえようのない孤独感を味わったのでした。


というあらすじなのですが、この「標準人間と対面すれば、
半分の人は劣等感から救われる」という理論は、
机上の空論のような気がしますね。

たとえば身長が平均以上の人が50パーセント、
学歴が平均以上の人が50パーセント、
収入が平均以上の人が50パーセントだとすると、
それらすべてが平均以上の人は0.5の3乗で、
0.125、つまり12.5パーセントしかいません。

その3つの項目に関して劣等感を抱いている人が、
「標準人間」と対面しても救われる確率は、
12.5パーセントということになってしまいます。

実際には、劣等感を感じるポイントは3つどころではなく多いので、
ほとんどの人は標準人間と対面しても救われないのではないでしょうか。

また、仮に99点をとったとしても、100点をとった他の人を見て、
「どうして私は100点をとれなかったんだろう」
と考える人もいて、そういう人は平均点の人を見ても救われないと思います。 見やすい記事一覧はこちらです。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
ネタバレ部分は白字にしてあるので反転してお読みください。
荒らし対策のため、コメントを承認制に変更しました。承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年11月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。