湊かなえ「告白」第6章「伝道者」のネタバレ解説

5章のラストで修哉に電話をしたのは、修哉の母親ではなく、
森口悠子でした。

修哉がウェブサイト上に掲載した、ママへのラブレターを、
森口は読んでいて、「馬鹿ですか?」と、
読者の声を代弁してくれました。

第1章の終業式の日の朝、森口は確かに、
眠っている夫、桜宮正義から血液を採取し、学校に持って来て、
修哉と直樹の牛乳パックに注射器で血液を混入しました。

森口のとった方法では、HIVに感染する確率は極めて低い、
ということは森口も最初からわかっていましたが、
ゼロではない限り、正しい裁きが下されると信じていました。

それからひと月後の4月の終わり、
最期の時を迎えた桜宮は、驚くべきことを告白しました。

終業式の日、森口が桜宮の血液を採取したことに、
桜宮は気付き、学校に行きました。
桜宮は、森口が牛乳パックに血液を混入しているのを知り、
新しいものに取り替えたのだそうです。

憎しみを憎しみで返してはいけない、
それで心が晴れることなど、絶対にないはずだ、
彼らはきっと更生することができる、そう、信じてやってくれ、
と言い、桜宮は死にました。

聖職者、という言葉が本当にあるのだとすれば、
彼にこそふさわしいのかもしれません、と森口は言いました。

生まれてすぐに母親を病気で亡くし、
父親が小学五年生のときに再婚し、
継母との折り合いも悪く、家出を繰り返すようになった、
という桜宮の人生を、森口は修哉に語ります。

しかし、森口は、死の瞬間まで、親であるよりも、
教師であろうとした桜宮を許せず、
桜宮に守られた修哉や直樹のことも許せませんでした。

桜宮の教え子で、森口とも1年かぶっていた寺田良輝が、
桜宮の葬儀の場にやってきて、
修哉と直樹のクラスの担任になったと報告されました。

2年B組の様子を聞いた森口は、
もしも桜宮であればこうするのではないか、
と寺田にアドバイスをし、陰から寺田を操って、
修哉と直樹を追いつめていたのでした。

森口は、直樹に対しては
十分に復讐を果たすことができたと思っていました。

修哉が馬鹿な計画を思いつかなければ愛美は死ぬことはなかった、
修哉も直樹も、最終的には苦しみながら死ねばいいと思っているが、
どちらか1人憎い方を選べと言われれば、修哉を選ぶ、
という意味のことを森口は言いました。

寺田から、いじめは解決したという報告を受けた森口は、
無駄だとは思いながらも、
毎日、修哉のウェブサイトもチェックしていました。

そして、更新された「遺書」を読んだ森口は、
修哉がどう思おうと、修哉の人格は、
母親以外の人物を認めようとしない修哉が作り出したものであり、
犯罪を犯したのは、誰のせいでもなく、あなたのせいなのです、
と言いました。

修哉の母親のことは、自分の欲求が満たされないために、
幼い子供に手を上げ続け、欲求が叶えられた途端、
その場限りの無責任な愛情を残して去っていった、
身勝手な人間だという意味のことを森口は言いました。

あなたの世界に、あなたと愛するママしか存在しないのなら、
ママを殺しなさい、と森口は言いました。

修哉の作った爆弾は、一定の温度下では機能が停止するという特徴があり、
森口は「爆弾を解除して、急速冷凍させて運び、
修哉の母親のいるK大学理工学部に新たに爆弾を設置していました。

森口ははっきりとは語っていませんが、修哉の母親に睡眠薬を飲ませるとか、
手足を拘束するとかして、逃げられないようにしていたのでしょうね。

爆弾を作ったのも、スイッチを押したのもあなたです、
これが本当の復讐であり、あなたの更生の第一歩だとは思いませんか?
と森口が修哉に問いかけたところで、この話は終わります。


というあらすじなのですが、「告白」はこれで完結です。

しまうましたは、「聖職者」の桜宮よりは、
森口の気持ちの方に感情移入してしまいますね……。

桜宮の善意の押しつけがましさは、
直樹の母親に通じるものがあるような気がします。
牛乳パックを取り替えたところまではいいですが、
その後、すぐに警察に通報しろよ、と思いました。

新人賞に応募されたのは最初の第1章の「聖職者」だけで、
2章以降は後付けだとは思えないくらい、
連作短編あるいは長編小説としてまとまっていたのではないかと思います。

同じ場面を、森口、直樹の母親、直樹、修哉と、
何度も何度も繰り返し描写されるのには、少しうんざりしてしまいましたが、
その欠点が、デビュー2作目以降では改善されているのが凄いですね。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

豆の上で眠る (新潮文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年9月8日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。