時雨沢恵一「キノの旅」10巻口絵1「ペットの国」のネタバレ解説

キノの旅〈10〉the Beautiful World (電撃文庫)


キノとエルメスは、10歳以上で健康な国民全員に、
ペットを持つ義務がある国にやってきました。

ホテルのボーイにその理由を訊ねます。
自分が責任を持って1つの命を預かることによって、
責任感や使命感、豊かで優しい心などを養うのだそうです。

誰かがペットにしている動物を食べるわけにはいかないので、
この国は全員が菜食主義者なのだそうです。

次の日、キノとエルメスは国の中を走り回り、
種類ごとにたくさんあるペット用の飼育場や、
開催していたペットショー、飼い方講習会や、
ペットを亡くして傷ついた人達のための精神治療会合などを、
見学して回りました。

噂と全然違う……とキノは感想を言いました。

夕方、ホテルにペット省の役人がきて、
入国の記念に、キノが好きな動物を、1つ贈呈すると言われました。

次の日、キノは昨夕頼んだ、1羽のニワトリを受け取りました。

出国したキノは、噂どおり……と言いました。

その日の夜、野営したキノは、「国で用意した香草を腹に詰めた、
豪華なニワトリの丸焼きを食べながら、
本当にあったね、旅人にただで食べ物をくれる国が、
と言ったのでした。


というあらすじなのですが、
この国では全員が菜食主義者というのがちょっと怖いですね。

幼児期から菜食主義だと、成長に必要な栄養が足りないのではないかと思います。

あと、挿絵には猫が書かれていますけど、猫は肉食ですよね……。
人間が肉や魚を食べなくても、動物のエサとして肉や魚を与えるのなら、
同じことなのではないでしょうか。

(キノの旅10巻 口絵1 口絵2 1 2話 3話 4話 5話 6話 7話 プロローグ                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

豆の上で眠る (新潮文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年9月8日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。