時雨沢恵一「キノの旅」1巻5話「大人の国」のネタバレ解説 

11歳の「私」は、自分の国へやってきた、キノと名乗る旅人と出会います。
キノは「私」の両親が経営している安ホテルに宿泊することになりました。

キノを案内した「私」が自分の部屋に戻ると、
『後三日です』という貼り紙があり、
翌日はそれが『後二日です』に変わっていました。

その日、「私」はキノが古いモトラドを直しているのを見た後、
2人で相談して、昔キノが一緒に旅をしていたモトラドにそっくりな
そのモトラドに「エルメス」という同じ名前を付けました。

その後、「私」はキノに、明後日大人になるための手術を受ける
ことを説明しました。
この大人の国では、12歳になった人は頭の手術をして大人になることに
なっていたのです。

翌日の「私」が子どもでいられる最後の日に、
「私」は大人になるための手術は受けたくないと言います。
その言葉がきっかけで両親や近所の人は怒り狂い、
「私」を「殺そうとしました。
しかし、それを止めようとしたキノは、『私』の父親に殺されてしまいます。

そんな中、『私』はエルメスに話しかけられ、
エルメスに乗って大人の国を脱出したのでした。

モトラドの止め方を知らない『私』は紅い花の咲き乱れる草原で、
エルメスと一緒に倒れてしまいます。
そして、エルメスは
『非道いなあ。こんな非道いことをするのはいったい誰?』
と、おどけた声で言います。
それには答えず、キノのことを考えていた『私』は、
『キノ……』
と呟きます。

この噛み合わない会話のせいで、
エルメスは『私』の名前はキノなのだと勘違いをしてしまったのです。
しかし、『私』は元の自分の名前を捨て、
キノとして生きていくことにし、この本の主人公が誕生したのです。

これは初代キノを二代目キノだと勘違いさせる、
叙述トリックが使われていた話だったわけです。


ところで、この話の最後に、森の中で偶然出会った老人に、
いろいろなことを教わった、と書かれていますが、
この老人というのは2巻以降に登場する師匠のことなのでしょうか?

老人という言葉は主に男性をさすので、
この1巻の時点での初期設定では師匠は男性だったのかもしれません。

(キノの旅1巻 1話 2話 3話 4話 5話 6話 プロローグ あとがき                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

結物語 (講談社BOX)

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年4月10日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。