星新一「組織」のネタバレ解説

主人公の「私」は、過去のちょっとした行為をもとに、
限りない恐喝をつづけてくる男に悩まされていました。

ホテルのバーで飲んでいるときに、
自分は推理小説を書くのが仕事だと言い、
バーテンに、こうすれば完全犯罪になるはずだ、
といった意見はないか聞きました。

バーテンは、重要なのはアリバイでしょう、
アリバイを作る組織に頼めばいい、というようなことを言いました。

バーテンは、主人公が小説家ではなく、
これから殺人をしようとしていることも見抜いていて、
その「組織」がこのホテルだと打ち明けました。

ホテルの支配人を紹介してもらい、
ホテルの印の押してある宿泊の証明書をもらい、
つぎに従業員たちから証言の内容を書かせた書類を取り、
署名させ、拇印を押させました。

支配人に対して、あまり支払い能力がないことを力説すると、
彼はちょっと顔をしかめましたが、すぐににこにこした表情に戻りました。

一応、泊まっていることにする4階の部屋に案内してもらい、
あちこちに指紋をつけました。

夜のふけるのを待ち、主人公は自分を恐喝していた男を殺しました。

2日後、主人公は警察に呼び出され、
2日前の夜には、どこにおいででしたか、と刑事に訊ねられました。

主人公は、ホテルにとまっていました、
ホテルの従業員たちに聞いてみて下さい、
あの夜、わたしが四階の一室から一歩も出なかったと、証言してくれるでしょう、
と刑事に言いました。

すると刑事は、「主人公の次の晩にあの部屋にとまった客が、
ベッドの下から死後20時間、
つまり主人公がとまっているあいだに絞殺されたと認められる死体を、
発見したのだということを言いました。


というあらすじなのですが、主人公は支払いをケチったせいで、
金払いのいい別の客のスケープゴートにされてしまったのでしょうね。

ただ、どうせ殺人の罪で逮捕されるならと、
主人公がホテル側の犯罪を暴露する可能性があるので、
ホテルのやり方もあまり賢くないな、と思いました。
見やすい記事一覧はこちらです。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
ネタバレ部分は白字にしてあるので反転してお読みください。
荒らし対策のため、コメントを承認制に変更しました。承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年11月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ(タブ)
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。