星新一「循環気流」のネタバレ解説

主人公は小さな貿易会社を経営していました。

とつぜん、その会社に私服警官がやってきて、
この会社で、なにか不正な物を輸入しているといううわさを耳にしたので、
倉庫にある輸入した品物をひととおり見せて欲しい、と言いました。

主人公は警官を倉庫に案内し、ボール箱の中身を見せます。

ただのカンヅメだと主人公は言いましたが、
こんなに軽いカンヅメは見たことがない、と警官は言います。

主人公は、これが外国でいま流行している、空気のカンヅメだと答えました。

レッテルには、いま最も人気のある女優の写真があり、
その寝室の空気だと主人公は言いました。

カンヅメを開けると、香水のにおいが、かすかにしました。

警官は、このカンそのものが怪しいと言い、
カンに希少金属が含まれているかもしれないと言いました。

主人公は、カンヅメのレッテルをはぎとり、
その缶を警官に突きつけると、警官はそれを持ち帰りました。

警官を見送った主人公は、「いま丸めて捨てたレッテルを拾いあげ、
ていねいにしわを伸ばしました。
このレッテルをある溶液につけると、文字と数字とが浮き出てきます。

ある国の暗号通信の、極秘のリストで、
全部そろうと、解読用の手引書となります。

秘密機関の支部に、きわめて高値で売れるのでした。


というあらすじなのですが、レッテルを剥がすのが怪しすぎるのに、
警官はそれに気付かなかったのか、と思いました。

どうせ、レッテルに目をつけられたら終わりなのですから、
剥がさずに渡してもよかったんじゃないかと思います。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

豆の上で眠る (新潮文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年9月8日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。