時雨沢恵一「キノの旅」9巻1話「記録の国」のネタバレ解説

キノとエルメスは花の草原の近くにある“いい国”に入国しました。

食事も燃料代もモトラドの整備も宿代も旅荷物の補充も、
全て無料という、キノにとっては天国のような場所でした。

2日目、レストランの人に、この国はなんでこんなに大盤振る舞いなんですか
と詳しく聞くと、とにかく豊かなのだそうです。
穀物も肉も魚も豊富で、技術や医療の進歩も人を幸せにする方向へ使われています。

そんな中で、人口が増えすぎないように厳しく調節しながら、
もう何百年も豊かで平和な生活を続けているのだそうです。

3日目にカフェでお茶を飲んでいると、
右隣のテーブルにとても疲れた顔をした男が座りました。

キノはその男の様子が気になったらしく、
珍しく自分から男に話しかけ、ここはとてもいい国でした、と言いました。

すると男は、私以外には、この国はいいところさ、と言いました。

“私以外には”について説明を求めると、
男は、私には、昔の記憶があるんだ、と言いました。

生まれる前に別の人間として生きた記憶があり、
その前の記憶も、その前の記憶もあり、
覚えているだけで、5人の人間だった記憶があるのだそうです。

4世代前に、当時20歳だった男も、頭の中にある別の人生の記憶を錯覚かと思い、
調べました。

すると、確かに「前世の自分」は存在していました。
4世代前の男が5歳の時に、事故で死んだ男でした。

その前の妻が生きていたので、会いに行き、
妻の趣味や口癖などを言い当てましたが、気味悪がられ、
二度と来るなと言われました。

その人生では50歳ほどで病気で死にましたが、
次は別の男として、やはり5歳くらいだった時の思い出からありました。

その人生も、30歳くらいの時、湖で溺れて終わりました。
その次は長生きして、その次が今の1つ前でした。

男は、師匠と荷物持ちさんにも会ったことがあり、その特徴を言い当てました。

男は、人の一生を生きて、色々な人のことを憶えていても、
次の人生では誰も分かってくれず、また最初から、やり直しになるのが嫌になり、
疲れ、今は何もしたくないと言いました。

新しい記憶を持つと、それが良い記憶であっても悪い記憶であっても、
重く、疲れるのだそうです。

男は地獄だと感じていて、思い出を作らず、毎日を忘れるようにしていました。
今日なんかまずくない? とエルメスが聞くと、
誰だい君は? と男はキノとエルメスに言い、去っていきました。

キノ達がその国を出国すると、白衣を着た6人の男達に呼び止められ、
カフェにいた前世の記憶がある男のことを聞かれました。

キノとエルメスが、素晴らしい国で、
なぜ彼のような精神を著しく病んだ人が現れたのか不思議です、
などと白衣の男達を挑発すると、再入国禁止を条件に、
男達は教えてくれました。

あの男が言ったことは、「全て真実なのだそうです。

昔白衣の男達の先祖は、死んだ直後にその人間の記憶を取り出し、
別の人に入れる実験に成功しました。

その人が死ぬことに変わりはありませんが、
別の誰かにとっては“私のことを覚えていてくれるあの人”が存在し続ける、
他者にとっての、“誰かが永遠に生き続ける”システムなのだそうです。

記憶を入れられちゃった人は、厳しい出産制限の中で、
そうなる可能性を納得した上でそうならない可能性にかけた親達の子供でした。

そんな子ども達の中から、被験者が死んだ時に5歳である子供に、
記憶は移されます。

開発した先祖は、このシステムはどう考えても使ってはいけないと結論づけ、
“このシステムは間違っている”ことを完全に証明するために、
被験者40人で始め、3世代ほどで記憶の蓄積に精神が耐えられなくなり、
39人までは発.狂しました。

カフェで会った男が最後の1人で、彼が発.狂すれば、
危険性は100パーセント証明され、このシステムは永遠に封印されます。
白衣の男達は、あの男が発.狂するその日まで、記録を取り続けるのでした。


というあらすじなのですが、恐ろしい話ですね……。

本当に狂っているのは、白衣の男達の方なのではないかと思います。

被験者40人中39人が発.狂したのなら、
発.狂率97・5パーセントなのだから、
それでもう危険性を証明できたようなものじゃないですか。

というか、そもそも、最初に“このシステムは間違っている”と思った時点で、
議論を尽くして、実験なんか始めなきゃよかったでしょう。

国が豊かすぎると、こういう変なことに
膨大な時間を費やすようになってしまうのかもしれませんね……。

(キノの旅9巻 口絵1 口絵2 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 プロローグ あとがき                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

豆の上で眠る (新潮文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年9月8日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。