西尾維新「D坂の美少年」のネタバレ解説

D坂の美少年 (講談社タイガ)


美少年探偵団シリーズ第6弾です。

卒業式を目前にしているにもかかわらず、
咲口長広が今もなお生徒会長をやっている異常に、
ようやく指輪学園中等部の人々が気付き、
慌てて選挙が執りおこなわれる運びになりました。

あとがきによると、作者の西尾維新さん自身は1巻の時点から、
いったいこの子はいつまで生徒会長なんだ?
と疑問に思いながら書いていたそうですが、
しまうましたは全然気付きませんでしたwww

ナガヒロは、咲口生徒会長を献身的に支えてきた
現副会長・2年A組の長縄和菜(ながなわ・わな)を会長候補に擁立したのですが、
その長縄が交通事故で1ヶ月も入院することになってしまいました。

このままでは長縄は立候補を取り下げるしかありません。

長縄以外の人が生徒会長になっても、学園側と対等にやりあえるわけがなく、
生徒会が学園側の言いなりになる将来像が、目に見えてしまいます。

長縄は生徒会長に立候補したから狙われたのかもしれないので、
他の生徒会のメンバーを立候補させることもできませんでした。

指輪学園の周囲には、
人通りが多い順にA坂・B坂・C坂・D坂という4つの坂があり、
そのうちのD坂で長縄はひき逃げされてしまったのだそうです。

入院して意識が回復した長縄も、記憶が混乱していて、
轢かれた時のことは覚えていないのだそうです。

そこでナガヒロは、「轢かれてもいいと思える後輩が、
知っている下級生の中であなたしか思いつかなかった」
という理由で、マユミを生徒会長候補に擁立しようとしました。

マユミは口車に乗せられて、立候補することになりましたが、
『D坂のひき逃げ犯』を突き止めてください、
と他のメンバーに頼みました。

今回のミッションの最大の問題点は、
クズであるマユミを生徒会長にさせるのは難しい、という部分です。

ソーサクがマユミを美少年化させることになりました。

現在の最大のライバルは、マユミのクラスの2年B組の、
沃野禁止郎(よくの・きんしろう)という男子でした。

沃野は特徴がないのが特徴で、存在感がなく、
マユミも『沃野くんなんていたっけな?』と思いました。

沃野は今のところ、選挙活動を何もしていないのだそうです。

しかし、長縄が入院したことでトップ候補者に躍り出たので、
D坂の交通事故が起こって一番得をしたのは沃野だ、
とミチルは考えました。

クラスに戻ったマユミは、沃野が隣の席にいたことを知り、
教科書を忘れた振りをして机をくっつけ、沃野を観察しましたが、
『中学生ってこんな感じだよね』の寄せ集めみたいな、
『こんな奴、クラスにいたっけな?』の生き見本みたいな、
没個性な男子だと感じました。

ただし、なんとなく嫌な感じがしました。

放課後、マユミはヒョータにボディガードをしてもらいながら下校する途中、
探偵としてひき逃げ事件を調べているミチルと団長に会いに、D坂に行きました。

ひき逃げ捜査のほうは大した進捗もないまま、翌日より選挙期間に突入しました。

ミチルが不良グループにそれとなくマユミの指示を促したり、
ヒョータが陸上部で、さりげなく広報を担当したりしましたが、
それでもマユミの支持率は3位でした。

1位の沃野はアンケートで過半数以上から支持されていました。

マユミは選挙戦3日目の放課後、
美術室でソーサクからマッサージを受けていました。

マユミがひき逃げ事件について一方的にソーサクに話していると、
ソーサクは、自動車が凶器に選ばれたことを謎だと思うなら、
探偵はその謎を解かねばならない、と言いました。

マユミはその言葉をミチルに伝えますが、
ミチルは、ひき逃げ事件は長縄の狂言なのではないかと疑い始めていました。

マユミは廊下で長縄から冷たい目で見られたことがある、
という理由で、長縄のことを「雪女」と呼んで嫌っていましたが、
事件について調べるために翌日ミチルと長縄のお見舞いに行くことにしました。

翌朝、ナガヒロがマユミを家まで迎えに来て、
オドルさんに会いに行きますよ、と言いました。

双頭院踊はマナブの兄で、美少年探偵団の創設者の『美談のオドル』でした。
さらに、ナガヒロの前に生徒会長を務めていた、
伝説の生徒会長でもありました。

しかし、高校生になった現在のオドルは、普通に賢そうな人で、
美少年探偵団の活動を「子供の遊び」と言いました。

オドルはもう子供の遊びを卒業していたのでした。

伝説の生徒会長のオドルから指示してもらうことで、
ナガヒロはマユミの支持率を上げようとしましたが、
それでもマユミの支持率はまだ2位でした。

放課後、マユミはミチルとお見舞いに行きましたが、
長縄はフレンドリーにマユミに接し、
自分の代わりに立候補してくれたマユミに感謝していて、
選挙のための分厚いファイルを何冊もマユミに貸してくれました。

また、事故の当時の記憶はショックで飛んでいましたが、
太ももの打撲痕は生々しく、事故が長縄の自演という可能性はなくなりました。

その病院からの帰り道、マユミは自動車に轢かれそうになりました。
マユミはその視力で犯人の姿を目撃します。
スモークガラスの向こう側でハンドルを握っていたのは、「沃野禁止郎でした。

しかも、沃野はハンドルを片手で持って、
もう片方の手でスマートフォンをいじり、よそ見をしていました。


マユミが本当に狙われてしまったことで、マナブは弱気になり、
マユミの志や頑張りは美しいものだったが、
何も命をかけてまでやることはない、こんなのは子供の遊びなんだから、
と言いました。

他のメンバーも同意見でしたが、マユミは、
『美学のマナブ』が、負けから学んじゃだめだろう、と思い、
絶対やめない、こんなのは子供の遊びなんだから、と反対しました。

それ以降、マユミは自動車に狙われないように、
選挙当日まで美術室で寝泊まりして登下校しないことになりました。

そのために、ソーサクが新たにお風呂まで作ってくれることになりました。

投票日前日のアンケートでは、マユミの支持率は1位になり、
53%の生徒から支持されていました。
一方、沃野は2位で、42%でした。

当日、立会演説会でマユミの番が回ってくる直前に、
沃野は突然、「自分が犯人だとマユミに耳元で囁きました。

他の候補者を狙わなかったのは、
ナガヒロがバックについていない候補者は放っておいても
勝手に落選すると思っていたからなのだと自白しました。

また、沃野が長縄を轢いた現場は、D坂じゃなくてC坂でした。
沃野はC坂で景気よくはね飛ばした長縄を、トランクに積み込んで、
D坂に運んだのだそうです。

最終演説まで数分というタイミングで自白したのは、
マユミを動揺させることで勝率を上げようとしているからでした。

また、一週間前、マユミが『こんな奴、クラスにいたっけな?』
と感じた第一印象は正しく、2年B組には、
沃野禁止郎なんて生徒はいなかった!
とマユミは気付きました。

沃野はそもそも、指輪学園中等部の生徒ではなかったのです。
没個性なのは男子中学生っぽさを寄せ集めただけだったからでした。

また、政治とか思想とか、そういうのが面倒でだるくてたまらない、
という奴らが沃野の支持層で、他の候補者が壇上で、
高みから上から目線で、理想を語れば語るほど『ついていけねえよ』
と沃野が有権者に思わせることで、高い支持率を得ていたのでした。

マユミも、現生徒会長のナガヒロから応援演説をされたとき、
レベルの違う『あっち側』に認定され、ジ・エンドだと沃野は言いました。

ところが、予定と違って、応援演説をしたのは、
女装をして一般生徒のふりをした美少女姿のマナブでした。

マナブはマユミのことを誇らしげに褒めまくり、
それが有権者の心に刺さりました。

沃野はマナブの演説の時点で、負けを認め、ふっと姿を消していました。

沃野は学園側が送り込んだ『刺客』だった、
としか考えようがありませんでしたが、
『そこまでするか?』みたいな疑義も残りました。

生徒会長に就任した祝勝会の後、マユミは退院した長縄を副会長に指名し、
彼女のアドバイスに基づいて役員も指名しました。

しばらくして、髪飾中学校生徒会会長の、札槻嘘(ふだつき・らい)から、
マユミに携帯電話が送られてきて、沃野禁止郎の正体を、
知りたくはありませんか? と言われました。

沃野のクライアントは学園側ではないと札槻は言い、
マユミをデートに誘いました。


というあらすじなのですが、学園側がクライアントじゃないなら、
髪飾中学校の奴らだろう、と予想しながら読んでいたので、
意外な終わり方でした。

それにしても、生徒会関係の話は
「めだかボックス」シリーズでやりつくしたと思っていたのに、
まだ新機軸が残されていたのが凄いと思いました。

面白かったです。

ただ、最後の方で発覚した、「D坂のひき逃げ犯」の正体については、
そりゃあないだろう、と思いますが。

クラスメートの人数がある日突然増えていたら、
絶対に誰か気付くでしょう。

「はーい、今から2人組を作ってー」と教師が悪魔の呪文を囁いたときに、
誰かが余ってしまったり、
逆にそれまで余ってしまっていた子が余らなくなったりして、
誰かが異変に気付くでしょう。

隣の席の子(この場合はマユミでしたが……)も、
急に空席だったはずの隣が埋まったり、
別の子が座っていたりしたら、絶対に気付くでしょう。

何らかの異能で、クラスメート達を錯乱させたとしか思えないのですが、
この美少年探偵団シリーズも異能バトル路線へとシフトしてしまうのでしょうか……。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

豆の上で眠る (新潮文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年9月8日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。