星新一「囚人」のネタバレ解説

刑務所の屋上で、ひとりの囚人と看守が話をしていました。

この刑務所では、独房の錠が内側にとりつけてあり、
その鍵を囚人が持っていました。

囚人を渡せ、囚人を渡せ、と塀の外で群衆が叫びます。

群衆のうち2人が警告を無視して塀を乗り越えてきて、
看守に撃ち殺されました。

どうしてこんなことになったのか、と回想があります。

予想を上回る速度の人口の増加により、
全世界で食料が不足していました。

囚人となる前の彼は、電波研究所で、
各種の溶液にいろいろの波長の電波を照射して、
食料を作る研究をしていた技師でした。

ある日、事故が起き、強力な電流は彼のからだに照射されました。

それ以来、彼のからだは皮膚が緑がかったものに変化し、
また食欲がなくなっていました。
鉱物質の溶けた水を飲むことと、日光に当るだけで、
体力の維持される体質に変っていたのでした。

要するに、光合成ができるからだになったのですね。

しかし、「この現象を再現することはできず、
彼を徹底的に解剖し、ばらばらにして調べない限り、
どこに問題があるかの発見はできません、
と生理学、医学の関係者はマスコミに報告しました。

その寸前に、彼は警官隊にまもられ、この刑務所に収容されました。

看守たちが変な気を起こさないように、
看守には充分すぎる食料が送られてきていました。

囚人は自殺することもできず、看守は囚人を殺すこともなく、
いつもと変らぬ1日が終りました。


というあらすじなのですが、他の大勢の人達の命を救うために、
罪のない1人の人間を殺すことは許されるのか、
という倫理的な問題、矛盾をはらんだ話ですね。

しまうましたには、その答えを出すことはできません。 見やすい記事一覧はこちらです。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年10月8日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。