西尾維新「人類最強のときめき」4話「哀川潤の失敗 Miss/ion4. デジタル探偵との知恵比べ」のネタバレ解説

佐々沙咲は上司に頼まれ、
不本意ながら親友の哀川潤のところに仕事の依頼を持ってきました。

探偵ソフトがインストールされた、専門職の強いスーパーコンピューター、
デジタル探偵の「探偵名人」というソフトが開発されたのだそうです。

開発所としては「探偵能力において、本マシンは哀川潤を凌駕しました」
という箔が欲しいらしく、哀川にデジタル探偵と勝負して欲しい、
と佐々は自己嫌悪に陥りながら頼みました。

断ってくれて構いませんよ、と佐々は言いましたが、哀川は乗り気になり、
探偵ではなく犯人としてデジタル探偵に挑むことになりました。

場面が変わり、デジタル探偵を開発した缶堂開発所、
第一開発部主任、缶堂妙香(かんどう・たえか)は慇懃無礼に、
哀川とその付き添いの佐々に頭を下げました。

まずは勝負の条件です。

赤神財閥の関係者に貸してもらった屋敷で、
24時間以内に哀川が殺人事件を起こします。
そしてその後の24時間以内にデジタル探偵が事件を解決できたら、
デジタル探偵側の勝ち、できなければ哀川の勝ちです。

この屋敷には実際には誰も住んでいませんが、
京都府警の人間が何人か、住人役として、
「設定上」住んでいるふりをしていました
屋敷の主人、その夫人、長男、次男、長女、メイド、執事、
料理人、屋敷の主人の父、以上の9人が屋敷の中に「住んで」いて、
哀川は屋敷を訪ねてきた『主人の友人』という設定です。

もちろん実験なので、哀川は本当に殺人事件を起こすわけではなく、
屋敷内の誰かを設定上「殺す」だけです。

大掛かりなお芝居というかロールプレイング・ゲームみたいなものですね。

午前9時ちょうどからゲーム開始です。

デジタル探偵がインストールされているのは
開発所にあるスーパーコンピューターですが、
缶堂はデジタル探偵と通信しているノートパソコンを持っていました。
そのためにわざわざ、中継車まで用意していました。

9時ちょうどに、屋敷の裏手で爆発が起こり、
電気ケーブルと予備電源用の地下の自家発電機が爆破されました。
しかも同時刻、山道も爆破して土砂崩れを起こしておいたので、
ふもとまでバッテリーを取りに行くこともできず、
缶堂のノートパソコンは今あるバッテリーに頼るしかなくなりました。

バッテリーは48時間くらいは持ちますし、
爆破も延焼しない仕掛けがあったので、これは宣戦布告のようなものでしたが、
意外な行為でした。

その後、哀川は23時間何もせずに部屋で眠り続け、
デジタル探偵ではなく、データを入力する缶堂を焦らしてミスを誘いました。

哀川は最初に会った『長女』を殺し、その『血液』で、
リビングいっぱいに血文字を書きました。

スタッフと総がかりでデータを集めている缶堂に、
1時間後には『長男』を殺すと宣言しました。
その1時間後には『主人』を殺して、
8時間後には、この屋敷の人間を皆殺しにしてしまっているという、
犯罪予告でした。

『殺人事件を解決したデジタル探偵』と、
『第二の事件を未然に防げなかったものの、殺人事件を解決したデジタル探偵』では、
実験結果をレポートにしたときに、与える印象は違いますよねw

缶堂は感情的になってしまい、デジタル探偵が
『この事件の犯人は哀川潤だ』と看破するまでには、18時間を要しました。
屋敷の住人は全滅したのでした。

哀川はわざと、派手な殺人事件を起こし、
デジタル探偵に入力するデータ量をあえて増量することで、
時間を稼いだのでした。

そして缶堂は、第一の事件現場に残されていた血文字の意味を解説しようとしましたが、
哀川は「ノートパソコンを蹴り上げ、天井のシャンデリアにぶつけて破壊しました。

犯罪捜査に臨むのならば、『強い』ことが絶対条件だ、と哀川は言いました。

こうして完全犯罪は成立しました。

もし哀川がこの事件の探偵だったら、ゲームが始まった時点で、
ゲームのルール上『犯人』だと分かっている『犯人』をぶっ飛ばしていました。
反則をしてでも人死にを出さない、というのが哀川の考える名探偵の資格でした。


というあらすじなのですが、哀川潤らしく滅茶苦茶で面白かったです。

残念ながら今回、デジタル探偵にはいいところがありませんでしたが、
警察の補助ツールとして使うのなら、
デジタル探偵は現実で導入されてもいいんじゃないか、としまうましたは思います。

迷宮入りしてしまった事件の再捜査なんかにはもってこいでしょう。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

豆の上で眠る (新潮文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年9月8日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。