星新一「友を失った夜」のネタバレ解説

春の夜、祖母と孫の坊やはテレビを見ていました。

「ターザンの秘宝」という昔の映画が放映されていましたが、
映画は中断され、臨時ニュースが始まりました。

最後の一頭となってしまった、
人類のよき友であったゾウが亡くなりそうだ、
とアナウンサーは告げていました。

ゾウはなぜ、いなくなっちゃうの、と坊やが聞くと、
この地球の上には、ゾウの好きな場所が、
もうなくなっちゃったからだろうね、と祖母は答えました。

再会した映画の中では、いま死にかけているゾウの先祖たちが、
元気に、何頭も山を越え、川をわたっていました。

またも映画が中断し、ゾウは死んでしまいました、
ついに絶滅してしまったのです……とアナウンサーは言いました。

坊やは、今夜はゾウのぬいぐるみといっしょに寝ることにしました。

いま死んだゾウはこの夜、世界じゅうの子供たちの夢にあらわれ、
別れを告げてまわるのでした。

というあらすじなのですが、今回はオチらしいオチはありませんね。

ただ、現実にはゾウは個体数を大幅に減らしているものの、
まだ絶滅していないので、
これは未来の出来事を予言している話ですね。

このショート・ショートには書かれていませんでしたが、
ゾウの個体数が減少傾向にある最大の原因は、
象牙を手に入れることが目的の、人間による乱獲です。

象牙は古来より宝石や工芸材料として珍重されてきて、
日本でも最高級のハンコや麻雀牌の材料として根強い人気があります。

ハンコや麻雀牌の材料となるために、武装グループによって野生のゾウが密猟され、
日本に密輸されていると言われています。

ゾウには人に知られていない、定まった死に場所があり、
死期の迫ったゾウはそこで死ぬという「ゾウの墓場」伝説がありますが、
この伝説は嘘です。

自然死したゾウの死体から入手した象牙だから合法ですよ、と言う人もいますが、
それは象牙の密猟者が犯行を隠すためにでっち上げた伝説であり、
現在日本で出回っている象牙の大部分は、違法に密猟・密輸されたものです。

象牙の売買をしたり、象牙を材料にしたハンコや麻雀牌を製造・購入するのは、
ゾウを絶滅させることに繋がるので、やめましょう。 見やすい記事一覧はこちらです。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年10月8日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。