乙一「ZOO2」5話「落ちる飛行機の中で」のネタバレ解説

主人公の女性が乗った飛行機が、
挙動不審な大学生風の男の子にハイジャックされてしまいました。

男の子は離陸直後に立ち上がり、
注意した客室乗務員を拳銃で撃ち殺しました。

前の方に座っていたT大(東京大学)卒業のスーツの男性が、
男の子を注意すると、男の子は男性を拳銃で撃ち殺しました。

5度目の入学試験に失敗してT大に入れなかった男の子は、
この飛行機をT大の校舎へぶつけて自殺しようとしていました。

男の子は「いじめてオーラ」を全身に纏っていて、
簡単にやっつけられるように思えます。
しかし男の子に飛び掛かる乗客は、
なぜかどこかから転がってくる空き缶で足を滑らせて転び、
男の子に撃たれて動かなくなりました。

主人公の女性は、隣の座席に腰掛けていた見知らぬ男と、
ノストラダムスの大予言の話をしたり、できることなら安楽死したい、
という話をしたりしていました。

すると隣の男は、セールスマンだと名乗り、
安楽死できる薬の入った注射を主人公に売りつけようとしました。

その薬は効果が表れるまでに30分かかり、
今から1時間後に飛行機はT大の校舎に墜落するので、
これから30分以内に買うかどうかを決めて注射しないといけません。

値段は主人公の財布の中に入っている3万円と、
口座に入っている300万円を足して、303万円でした。

主人公は昔、ある男の人からひどい目にあわされ、
心と体に傷跡をつけられました。
主人公は探偵に男の住所を調べさせ、
男の目の前で子供を傷つけてやるつもりでした。

主人公とセールスマンが商談をしていると、
ハイジャックの犯人である男の子が話しかけてきました。

男の子がどれだけの意思でこのことに臨んでいるのかが、
薬を買うか買わないかの判断材料になると主人公は思いました。
セールスマンは男の子に、
みんなを道連れにして自殺しようとしている理由を訊ねました。

すると男の子は、
子どもの頃からT大に入ることを母から義務付けられて育ちました。

勉強をしているとき以外は漬物をつけていました。
しかし学力が足りずT大に入学できなかった、という話をしました。

男の子はみんなに対している憎しみの感情を吐露しました。
男の子はインターネットの通信販売で年間300万円ほど稼いでいて、
そのお金で拳銃を購入し、空港の警備員の頬を札束でぶって、
拳銃を機内に持ち込みました。

男の子の話を聞いた主人公は、この飛行機が墜落するという方に賭けて、
セールスマンから薬を買って左腕に注射しました。

主人公が動かなくなった後、セールスマンは、
本当はその薬は即効性だった、という話を男の子にしました。

男の子は見張りやすいように、
乗客を飛行機の前の方に集めて座らせました。

そして「死んだと思い込んだ主人公は目を開け、男の子に近付き、
男の子が隣の席に置いた拳銃をなんとなく手にとりました。

しかし、実は主人公がセールスマンから買った薬は、
セールスマンが医者に騙されて買った偽の毒薬だったため、
主人公は生きていました。

男の子の拳銃を奪った形になった主人公は、セールスマンに説得され、
男の子に拳銃を向けました。

しかし男の子は、拳銃がもう一丁あると言い、
コートの内ポケットに手を入れました。

男の子は右手をコートの内側から出して主人公に向け、
主人公は咄嗟に引き金を引いて男の子を殺しましたが、
男の子が持っていたのは万年筆でした。

飛行機は無事に着陸し、主人公は救急車に乗せられて病院に運ばれましたが、
そこから脱走して、高校時代に主人公にひどいことをした男性の家に行き、
男性の娘を膝の上で寝かせて男性の帰宅を待ちました。

帰宅した男性は、娘の首筋に包丁を当てている主人公を見て立ちすくみました。

男性は謝り、男性の妻が帰ってきました。

テレビ画面にハイジャック犯の男の子の顔が映し出されました。
1日のうちに2人も殺せないわ……と主人公は言い、
男性の部屋を出て走りました。


というあらすじなのですが、しまうましたは、
この短編集「ZOO」に収録されている話の中で、この話が一番好きです。

主人公も、ハイジャック犯の男の子も、セールスマンも、
それぞれ全員おかしくて、ずれているのですが、
みんな一生懸命に自分の人生を生きているのが伝わってくるからです。

ちなみに、ハードカバーの単行本ではこの話が最終話で、
だからセールスマンも「例えば短編集の最後に収録されるような
書き下ろし作品だったらそんなまっとうな結末ではないかもしれませんよ」
とメタな発言をしていたのですが、文庫版にはこの後にもう一つ、
単行本未収録の「むかし夕日の公園で」という話が収録されています。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年8月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。