時雨沢恵一「キノの旅」7巻5話「森の中のお茶会の話」のネタバレ解説

ある森の中の橋で釣りをしている老人がいました。

師匠と荷物持ちさんがそこに通りかかり、
老人に誘われて、森の中に一軒だけある老人の家に行きました。

老人の妻である老婆がお茶を入れ、
師匠と荷物持ちさんはお茶を飲みました。

そして、師匠と荷物持ちさんは突然、家の中を破壊し始めました。

老人が箒の柄を持って荷物持ちさんに振りかぶると、
師匠は老人をパースエイダーで撃って射殺しました。

老婆は長い悲鳴を上げた後、すっと立ち上がり、
箒を手にしました。
師匠は2発目を放ち、老婆を殺しました。

いくらなんでも、撃つのが早すぎでは?
と荷物持ちさんが言うと、師匠は、
箒を拾わずに、先端をよく見なさい、と言いました。
箒の柄の先には小さな穴があり、
師匠の指示で荷物持ちさんが箒を振り下ろすと、
猛毒が塗ってある大きな針が飛び出し、壁に刺さりました。

お茶にも毒が入っていましたが、
師匠と荷物持ちさんは予め毒消しを飲んでいたので平気でした。

師匠と荷物持ちさんはお宝を探し、
人間の死体を使って作られた家具や壁紙を発見しました。
老人と老婆が旅人を殺し、その死体で作ったのでした。

師匠と荷物持ちさんは、旅人が持っていた貴金属を探します。

しばらくして、『ありがとう』『ありがとう』という声が立て続けに聞こえました。

荷物持ちさんが、今まで殺された旅人達の幽霊の声だと言うと、
師匠は突然、出発です、と言って車に乗り込みました。

今俺の背中に憑いてきたヤツはどうしましょう?
と荷物持ちさんが聞くと、師匠は荷物持ちさんの背後の空間へ発砲し、
車の後部ガラスが一瞬で砕け散りました。
師匠はギアを入れると、車を急発進させました。

師匠が撃った弾丸は植木鉢に当たり、茶色い破片と黒い土の中に、
きらきらと光るきれいな宝石がたくさん転がっていました。


というあらすじなのですが、「幽霊が怖いのに、
絶対にそれを認めない師匠が可愛かったですwww
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年8月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。