星新一「雪の夜」のネタバレ解説

雪のふる静かな夜に、老人とその妻は、
二階で勉強しているひとり息子の心配をしていました。

そこへ、強盗の男がやってきて、刃物を出し、
金をいただきにきたと言いました。

なんでも欲しい物をお持ちになって、帰って下さい、
だけど、二階にだけは行かないでください、
と老人と妻は言いましたが、強盗の男は、
二階になにか大切なものでも置いてあるのだろうと、
逆に興味を示します。

息子が勉強していると老人が言うと、強盗の男は、
そいつを縛ってから、仕事にかかろう、と言って、
二階への階段をあがっていきました。

しかし、悲鳴と、
それにつづいて階段をころげ落ちる音が聞こえました。

あの子が、やっつけてくれたよ、と老人は言い、
警察に通報しました。
パトカーがやってきて、警官たちが強盗の男を連れ去ります。

強盗の男は、とんでもない息子がいたものだ、
まっくらな部屋のなかから、だしぬけに、
おれを突きとばしやがった、とつぶやいていましたが、
警官たちにはそれは聞こえませんでした。

警官たちは、「十数年まえに、学生だったひとり息子が、
冬山で死んだことを老人とその妻は認めたがらない、
と話していました。
老人とその妻に言わせると、息子は二階の部屋で、
いつもおとなしく勉強を続けているそうなのです。


というあらすじなのですが、結局、
息子の正体は不明なまま話が終わってしまいます。

しかし、これはホラーなので、やっぱり息子は死んでいて、
二階には息子の幽霊的なものが住んでいて、
自分が死んだことにも気付かずに勉強をしている、

というオチなのだと思います。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年6月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。