星新一「椅子」のネタバレ解説

社長をやっている主人公の「私」には、親友がいました。

大学が同級で、ふたりとも、母親を早くになくしたせいもあり、
とくに親しくつきあっていました。
20年前に大学を出てから、親友は貿易会社に入り、
独立して小さいながらも会社を経営する身分になり、
欧米各国を飛びあるいていました。

ところが、急に仕事をやめ、
町はずれの薄よごれたところに住むようになってしまいました。

親友が帰国した後、しばらく前に主人公にお金を借りにきました。

そして、主人公は運転手と一緒に親友の住む安アパートに行きました。

親友は、せまい部屋に不釣合いな、明るいあどけなさのある表情をして、
古びた大きな椅子にかけていました。
椅子はやわらかな曲線とふっくらした感じを持った、いい椅子でした。

親友はドイツに行っていた時、
田舎町の古道具屋でみつけて買ったものなのだそうです。

主人公は、働いたらどうだと言いましたが、
親友はその気がないと言いました。

主人公は腹を立て、借金を返済しろと言いましたが、
親友は、金はないと言いました。

金を返すまで、その椅子をあずかっておくと言い、
主人公は運転手と一緒に、嫌がる親友から椅子を取り上げ、
運び出して社長室に運ばせました。

主人公は、やわらかく、ふっくらした、
どことなく温かみを含んだ椅子に座ります。
それは、ずっと求めつづけていた、「母親のひざに抱かれている感触でした。

秘書が会議の時間だと言いましたが、どうでもいい、
なにがどうなろうと、この椅子から離れることなど、できるものか、
と主人公は思ったのでした。


というあらすじなのですが、これは人を駄目にする椅子ですね……。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年6月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。