恩田陸「失われた地図」2話「川崎コンフィデンシャル」のネタバレ解説

2話は鮎観ではなく遼平の視点で話が進みます。

遼平、鮎観、浩平の3人は、
いつものようにタウン誌の取材班の恰好をして電車に乗っていました。

鮎観は、伯母が再婚話を持ってきた、と言い出しました。

鮎観と遼平の子供の俊平に父親が必要だから、
と叔母は言ったのだそうです。

俺がいるじゃないか、と遼平は言いますが、
これから先もあたしたち一緒にはいられない、と鮎観は言いました。

鮎観の左の耳が痛み、いつのまにか、浩平が天井を見上げていました。

かつ、かつ、かつ、かつ、
と天井の向こうから「グンカ」の足音が聞こえました。

ぶらさがった「グンカ」達が窓の向こうからナンブで撃ってきます。

電車が浅野駅に着くと、遼平達はホームに飛び出し、
「グンカ」と戦います。

遼平たちに撃たれたり殴り倒されたりして、
残り少なくなった「グンカ」は電車にしがみつきました。

「グンカ」を追って遼平たちも電車に乗り込み、
終点に着きましたが、「グンカ」は消えていました。

巨大な工場に「裂け目」があるのを見つけ、タクシーで近づきます。

その工場の橋が「裂け目」になっていました。
鮎観は蝶を出し、遼平は「裂け目」を縫っていきますが、
「裂け目」が長すぎて縫っても縫っても終わりません。

しかし、白い風が吹いて白い蛇があらわれ、
「裂け目」に蓋をするみたいに身体を伸ばして横たわりました。

蛇のおかげで、遼平はさくさくと「裂け目」を縫うことができました。
縫い終えたとたん、蛇は動きだし、煙突や塔に絡みつくと、
溶け込むように建物と一体化しました。
慌てて目を凝らすと、巻きついた蛇に見えたのは、
工場を縦横に走るパイプにしか見えませんでした。

沖縄料理の店に行き、蛇の皮を使っている沖縄の三味線に気づき、
さっきの蛇だ、と遼平は言いました。

鮎観は、錦糸町の公園にいた男が、
今日の電車の奥の車両で眠っていたことに気付き、
あいつが「くだん」だと言いました。

というあらすじなのですが、今回もよく分からない話でした。

ちなみに、タイトルの「コンフィデンシャル」は「機密」とか「裏情報」
という意味です。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

結物語 (講談社BOX)

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年4月10日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。