時雨沢恵一「キノの旅」7巻3話「川原にて」のネタバレ解説

シズは春の川で珍しくバギーを洗車していました。

陸は、シズがどこでそのバギーを手に入れたのか、訊ねます。

陸に会う以前、シズは次の国まで歩いて移動する途中、
どこかの戦場跡に辿り着いたのだそうです。
シズはそこで何か金目の物を探し、このバギーを見つけました。

シズはバギーの上から死体をどかし、
他の車両から燃料や燃料缶をかき集め、
それ以来このバギーを“足”として使っているのだそうです。

バギーを洗車するのは今回がほとんど初めてでした。

シズは車体の隙間に、バギーと同じ色の、
折り畳まれた薄い鉄板が差し込まれていたのを発見しました。

その鉄板には、我々の愛馬よ――貴様は我々と共に戦い、そして死ね、
貴様は、我々全員の屍(しかばね)を抱(いだ)き朽ち果てよ、
などと書いていました。

つまり、兵士達からこのバギーへの手紙でした。

シズは、こいつも死ぬべきところで死ねなかったやつか、
という意味のことを言いました。

シズは「祝福のつもり」の国でバギーを整備したことを思い出し、
バギーで走り出しました。

というあらすじなのですが、バギーを整備した整備士は、
鉄板に気づかなかったのかな、と思いました。

もしもこのバギーがエルメスのように喋ることができたら、
シズや陸と旅できて嬉しい、と言うような気がしました。

ところで、シズがバギーを拾った戦場跡というのは、
もしかしたら6巻口絵3「戦車の話」に登場した浮遊戦車が
戦車長を亡くした場所だったんじゃないか、と思いました。

バギーに挟まれていた鉄板に書かれた文章と、
戦車長が戦車に命令した内容が一致するので、
そう考えると辻褄が合うような気がします。

(それと、「戦車」と「洗車」をかけているダジャレの可能性も……)                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

結物語 (講談社BOX)

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年4月10日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。