西尾維新・中村光「どうしても叶えたいたったひとつの願いと割とそうでもない99の願い」のネタバレ解説

大斬─オオギリ─ (ジャンプコミックスSQ.)


この話、「どうしても叶えたいたったひとつの願いと
割とそうでもない99の願い」は、
短編漫画集「大斬(オオギリ)」に収録されています。
「大斬」は、「大喜利(おおぎり)」にかけた、言葉遊びですね。

この話は「十二大戦」の後日談なのですが、
実際に書かれたのは「十二大戦」よりも前です。

「十二大戦」のネタバレが大量にあるので、
先にそっちを読んだ方がいいでしょう。

「ヤングジャンプに読切を一本」と依頼され、
最初にネームを作ったのがこの話でした。
お題は「願いごと」でした。

その後、編集者がお題を考え、
色んな人気漫画家に読切を書いてもらい、
集英社系列の色んな漫画誌に掲載する、という企画になり、
「大斬」として一冊にまとめられました。

前置きはこれくらいにして、いつものようにあらすじです。

12年に1度開催される十二大戦。
干支の名を宿す12人の猛き戦士が
互いの命と魂を賭けて殺し合う儀式。

この願いに勝ち残った者はどんな願いでも
たったひとつだけ叶えることができます。

で、その十二大戦の様子は長編小説「十二大戦」で描かれ、
寝住(ねずみ)という男子高校生もやっている戦士が生き残り、
翌朝高校に登校したところから話は始まります。

寝住が教室に入ると、
クラスメートの男子が「おはよー」と挨拶をしました。
しかし、相手が寝住だと気づくと「なーんだ寝住か」と言い、
別のクラスメートとの雑談に戻ってしまいます。

それを見た寝住は、「①全員死ね」と言い、その様子を妄想した後、
「なーんてね。
せっかく手に入れた権利をそんなくだらねーことに使えるかよ。
別にほっといてもこいつら百年後には死んでるし。
どんな願いを叶えてもらうかはしっかり考えねーと……」
と思い、机に伏して寝ます。

そこへ、優しくて真面目そうな女子のクラスメートが、
「学校に寝に来てるのかな?
きみには夢も希望もないのかい?」
と話しかけてきました。

寝住は「②スカートめくれろ」と考え、その様子を妄想した後、
「アホか」と心の中で否定します。

「もしもひとつだけ願いが叶うとしたら何を願う?」
と、寝住がその女子に訊いてみると、
「③みんなが幸せになる!
これなら色んな人の願いが一斉に叶いそうだしね!」
と女子は答えました。

なるほどそりゃあいいアイデア――と寝住は言いかけますが、
「それだと俺の嫌いな奴まで幸せになっちまう。
例をあげれば十二大戦においてもっとも手強かった敵、憂城(うさぎ)。
あんな男の願いが叶ったら最悪だ。宇宙から生命が消え失せる」
と心の中で否定しました。

放課後、寝住は電車に揺られながら、
「でもまあ、あれだ。
確かに、あーゆーいい奴そうな願いを叶えるってのはいい感じだ。
そう――そして、いい奴と言えばあいつだぜ。
十二大戦で落命した女戦士、砂粒(しゃりゅう)。
④誰よりも優しかったあいつが生き返る。
っていうのはどうだ?」
と考えますが、
「待てよ? いい奴だったら生き返れるのか?
百年後にはみんな死ぬのに優しい奴だけ生き返れてもいいもんなのか?
あいつはそれを受け入れるのか?」
と否定します。

「⑤死んだみんなが生き返る」
と考えますが、
「でも、それだと生き返って欲しくない奴まで生き返るよな。
妬良(とら)。
庭取(にわとり)。
迂々馬(ううま)。
怒突(どっく)。
あの辺の連中に生き返られたら大戦の蒸し返しだぜ。
じゃあ何? 俺、命の選別とかしなきゃなの?
だいたい生き返った奴って死ぬ前の奴と同一人物なのか?
クローンみたいなもんじゃねーのか、それって。
単なる俺の自己満足なんじゃねーの?」
と否定します。

寝住は電車を降り、十二大戦中に、他の戦士たちに優勝したら何を願うか、
と聞いてみた時のことを思い出します。
実際には「十二大戦」にはそんなシーンは描かれませんでしたが、
これは寝住の技能が関係しています。

断罪(たつみ)兄弟が、
「⑥金(かね)だよ金! 金に決まってんだろ!
金さえあれば何でもできるんだからよ!」
と言っていたのを思い出し、
「いや、金じゃ何でもはできないからさ。
お金でできない不可能ごとこそ願いたいじゃん」
と否定します。

必爺(ひつじい)という老人の戦士が、
「⑦不老不死ですなやはり!
この歳になると若さこそが宝だと思い知りますわい」
と言っていたのを思い出し、
「でも死ねないって結構ツラくねぇ?
いつまでも若いのも辛そうだし…」
と否定します。

異能肉(いのうしし)という女戦士が、
「⑧もちろんハーレムですわ! ハーレムハーレムハーレム!
私は歴史ある名家の淑女として!
三十五億人のイケメンと愛し愛され暮らすのですわ!」
と言っていたのを思い出し、
「俺が思春期だからかなぁ…。
人に聞かれて恥ずかしいことは願いたくないぜぇ」
と否定します。

失井(うしい)から、
「人に聞くなら先に言いたまえよ。
貴様の願いは何なのかね? 貴様は何のために闘っている?
生きている?」
と訊かれたことを思い出しますが、
寝住は戦いたくて戦っているわけではなかったため、
答えることができませんでした。

「きみには夢も希望もないのかい?」
とクラスメートの女子に訊かれたのを思い出し、
「いやいやいやふざけんな! 願いなんか99個くらいあるっての!」
と考え、見開きで9個目から98個目までの願いを考え、
次の行で否定し続けました。

その90個分の願いの中から特に面白いものをいくつか抜粋すると、
「⑨世界征服
 →征服したあとが大変そう」
「⑩彼女が欲しい
 →それは本当の恋なのかい?」
「⑭念動力
 →この手は何のためにある?」
「⑯あらゆる言語を喋りたい
 →喋るの、そんなに好きじゃない」
「⑰戦争よ、世界からなくなれ
 →支配はなくならない」
「22毎日が日曜日になればいいのに
 →働け」
「24鳥になりたい
 →絶対人間のほうがいい」
「26人の心を読みたい
 →人間不信になるよ?
「30苦痛を感じなくなりたい
 →かなり危険だ」
「33親友が欲しい
 →願いで親友になったと知ったらあいつはどう思うんだろう…」
「34偉くなりたい!
 →その偉さをきっと維持できない」
「36世界一周
 →いざするとなったら大変だよ?」
「37豪邸に住みたい
 →ひとりで?」
「44時間を止める能力を!
 →悪事を働く能力が欲しいって言ってるようなもんじゃん!」
「50人生をやり直したい
 →この人生もう一回はキツいわー」
「52漫画家になりたい!
 →ヤングジャンプ『シンマン賞募集のお知らせ』」
「57世界平和
 →平和な世界に俺は存在しているか?」
「58温かい家庭が欲しい
 →作り物の?」
「66泳げるようになりたい
 →願えば泳げないことがバレる」
「68人気者のあいつと入れ替わりたい
 →今と大体同じ感じになるだけだと思う」
「72美術品のコレクション
 →そんな興味ねーだろ。高尚な奴の振り禁止」
「77背が高くなりたい
 →高くなったら低くなりたいって思うもんだよ」
「80名誉が欲しい
 →もらいものの名誉が、そんなに欲しいの?」
「82この世で一番強くなりたい
 →そして弱い者いじめでもするのかね?」
「83大発明をする
 →どんな発明も、最終的には殺し合いの道具になる」
「91嫌いな奴の不幸
 →人の不幸を願うなんて、俺はなんて最低な奴なんだろう…!」
「97誰かに願う自分じゃなくて誰かの願いを叶える自分でありたい
 →嘘をつけ!」
「98あなたの願いごとを書き込んで
 →直後に否定してください」
という感じです。

特に、98個目の読者によるセルフサービスの願いが面白かったですwww

悩み続ける寝住の前に、十二大戦審判員のドゥデキャプルという老人が現れ、
「願いごとは決まりましたかな? 戦士寝住。
99叶うというたったひとつの願いを百個に増やして欲しい。
でも、もちろん構いませんよ? うふふ。
人の欲望が百で収まるとは、私は思いませんがね。うふふ」
と言いました。

そして寝住は、
…ああ、決めたぜ。俺の願いごとは
①たったひとつの願い――を! どうか忘れさせてくれ!!
どうしても叶えたい願いなんて俺にはないです!

と叫びました。

ドゥデキャプルは、
「OK♪ 心のこもった心からの素晴らしい願いです」
と言いました。

翌日、登校した寝住はまた机に伏して寝ました。

それを見た男子が、
「ったくあいつ、やりたいこととか欲しいものないのかねぇ?」
と言いましたが、例の優しい女子のクラスメートは、
「でも、見て。今日はとても満ち足りた顔してるよ。
まるで願ってもないみたいに」
と言ったのでした。

というあらすじなのですが、物凄くもったいない願いの使い方ですね……。

このオチとなる「願いごとを忘れたい」という願いごとそのものは、
星新一さんの「合理主義者」と同じなのですが、
その途中経過が全然違うので、オリジナリティがあって面白かったです。

しまうましただったら、
「自動でネタバレ解説の記事を書いてブログに投稿してくれる機械が欲しい」
と願いますが、きっと寝住には、
「→人生の楽しみが1つ減るよ?」
と否定されてしまうのでしょうね。 見やすい記事一覧はこちらです。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年10月8日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。