時雨沢恵一「キノの旅」6巻8話「祝福のつもり」のネタバレ解説

シズと陸は、身分制度があり貧富の差が激しい大きな国に到着しました。

バギーの調子が悪く、自動車修理工場で修理してもらいます。
摩耗しているエンジン部品が近くの倉庫にあれば明朝に、
なければ作らせるから2日か3日以上時間がかかると言われました。

シズが安い宿を探して、この国独自の身分制度の中で、
最下層に位置する人達が住むスラムに向かって歩いていると、
警官に呼び止められました。

警官によると、スラムは血や臓器を売ったり、
強盗したりして稼ぐ輩が横行する街なのだそうです。

人工臓器は長い間生きられるような代物ではなく、
だから本物の臓器は富裕層に高く売れるのだそうです。

スラムでシズは男数人に殴りかかられますが、
全員を叩きのめすと安ホテルに案内してもらえました。

夕方、陸が「本当に行くつもりですか?」とシズに訊き、
何度かした話をし、何度もそうなった結論に達して終わりました。

ドアがノックされ、開けると、
12歳くらいの黒い髪を左右におさげにしている、
薄汚れたワンピースを着た女の子がいました。
女の子は鉄のゴミを集めて売っていると言いましたが、
シズはないと答え、女の子は帰っていきました。

翌朝、1階の大衆食堂で朝食を食べていると、
その女の子が再び訪ねてきて、ラファと名乗り、
わたしを買ってください! と言いました。

シズがラファにお金を払えば、ラファはシズの所有物になり、
一緒に国を出ることができるのだそうです。
ラファのような最下層民は貧乏で、働かなければならず、
学校にも行けません。
国の外に出たいが、最下層民は勝手な出国が禁止されているので、
シズの所有物となって出国したい、とラファは言いました。

シズはラファの言葉を無視し続けました。

シズが工場に電話すると、あと2日かかると言われました。

ラファは夕方にもシズの部屋にやってきて、
わたしを買ってほしいと言いました。

次の日、ラファは無理を言って午後から仕事を休みにし、
シズに売り込みを続けました。

小一時間ほど説得を続け、シズはラファに、
家族はいるのかと訊きました。

ラファには仕事がない父親と、家事が大変な母親がいて、
ラファは7人きょうだいの一番上なのだと言いました。

ラファがいなくなったら収入は絶たれるとシズは言いますが、
そんなこと、知りません、とラファは言いました。

シズに誘導され、自分さえよければいい、とラファが言うと、
シズはラファを買うことにしました。

明日の朝バギーを受け取って、昼に出発するとシズは言い、
明日の昼前に街の入り口でラファと落ち合う約束をしました。

夜、シズは、次の国でラファを放り出すと言いましたが、
「次の国は……」と陸が控えめに言うと、
シズは、忘れていた、と言いました。

翌日の昼、待ち合わせ場所で泣き続けるラファの家族に見送られ、
シズはラファと合流して出発しました。

まずは役場に行き、ラファの購入代金を払い、出国しました。

出国すると一面の雪の平原が見えました。

走り出して、それほど経たず、ラファの生まれた国が見えなくなった頃、
ラファに車を止めてと言われ、シズは止めました。

車を降りたラファは節減に足跡をつけ、「自分はもうすぐ死ぬことを、
シズに教えました。

今朝、ラファは病院に行って内臓を売ってきました。
人工臓器も痛み止めの薬も半日以上は保たないのだそうです。

内臓を売ったお金と、シズが役場に支払った定価よりずっと多い分は、
家族のところに行き、家族は何年も食べて、弟や妹達は学校に行き、
少しでもいい仕事に就くことができるのだそうです。

そしてラファは、
前からずっと見てみたかった国の外の景色を見ることができました。

入国した最初の夕方に、シズが陸に向かって、
命を捨ててでもやるべきことがある、と言ったのを聞いて、
ラファはわたしもそうしよう、そのためにこの人を騙そう、
と決めたのだそうです。

お腹が痛くなってきたから、シズさんに、とラファは頼みました。

ラファはシズの頬に両手を差し伸べ、
シズさんのやるべきことが、うまくいきますようにって、
わたし祈ってます、と言いました。
それからシズの額に軽くキスをし、祝福のつもり、
と少し照れた顔で言いました。

ラファは、待ってます、と言い、シズに楽にしてもらいました。

いい笑顔で死んだラファの死体を埋め、シズと陸は、
シズの故郷へバギーで走っていきました。


というあらすじなのですが、この後、
シズと陸は「コロシアム」に行き、
王を殺して死ぬつもりだったのですが、
キノが暴れたせいで予定が狂い、放浪の旅を続けることになりました。

ラファのことを考えると、胸が痛みますが、
シズと陸は生き残ってくれてよかったと思います。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年6月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。