時雨沢恵一「キノの旅」6巻3話「花火の国」のネタバレ解説

高温多湿な夏の森の中を走り、キノとエルメスは海沿いにある国に到着しました。

防御用のトラップがあるように見える四重になった城門をくぐり、入国します。
入国審査官から、明日の夜、南の砂浜で年に一度の納涼花火大会がある、
と教えてもらいました。

国の中で走っている車は、色以外同じ、無骨な四輪駆動車でした。
バスとして使われているのは大きな装甲車でした。

冷房の効いたホテルに泊まり、海を見物します。
夕方、キノは初めてかき氷を食べました。

夜になり、船が火を噴いて、花火大会が始まりました。
しかし、その花火は普通のとは違い、
何万発もの砲弾が二十ミリガトリング砲で発射されました。

水中花火は燃料を詰めた爆雷で、
創作花火はフレアディスペンサーをまとった地対地ミサイルでした。

ホテルに戻ったキノは、支配人に花火大会の感想を聞かれて、
とてもきれいだったと答えました。

あんなに兵器爆薬を使って、もったいなくない?
とエルメスが聞くと、支配人は、「あれはこの国で製造しているものではなく、
月に一度ほど、無人のコンテナが載った船が砂浜にやってきて、
いろいろな種類の軍事兵器がその中に入っているのだと言いました。

差出人も理由も分かりませんが、百年以上前から来ているのだそうです。

コンテナは分解して建物や城壁の材料になり、
車や船のおかげで国は発展しました。
ただ、送られてくる量が多すぎて余り、道は大渋滞し、
城壁は四重になってしまいました。

しばらくは国の外れの山にそのまま捨てていましたが、
落雷で大爆発を起こしてとんでもない騒ぎになりました。
海に撃って消費すると、今度は騒音の苦情が殺到しました。
考え方を変え、年に一度猛烈に消費して、それを見せることにしたのだそうです。

翌朝、キノが出国すると、迷彩服を着た男達に話しかけられました。
北方にある国の軍が、軍事演習を監視するために来ていたのだそうです。


というあらすじなのですが、
結局、この国に大量の兵器が届く理由は不明のままです。

キノの旅ワールドには、人間がいなくなった後も機械が動き続けている、
という国がいくつか存在していたので、
機械が勝手に大量生産して海に流しているのではないか、と想像してみました。 見やすい記事一覧はこちらです。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年10月8日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。