星新一「お地蔵さまのくれたクマ」のネタバレ解説

坊やは、怖い夢を見たと、祖父に言いました。

坊やの父は船員で今は外国の港をまわっていて、
母は坊やを生むとまもなく死に、
坊やと祖父は2人だけで生活していました。

怖い夢を見たくないという坊やに、
祖父はお地蔵さまにお祈りして、
怖い夢を見ないようにしてください、
と頭を下げさせました。

アイスクリームを食べさせたり、
父親が外国で買って送ってくれたボールが届いたおかげか、
つぎの朝、坊やは、夢は見たけどこわいことはなかった、
と言いました。
坊やは鼻の長いクマの夢を見るようになり、
2人の静かで平和な日々が続きました。

そのクマのしっぽは牛みたいで、
夢で会うたびに少しずつ大きくなっていく、
という坊やの話を聞いて、それはこわい夢を食べてくれる、
バクっていう動物だよ、と祖父は言いました。

ある日、坊やが家のそばでボールで遊んでいると、
乱暴な子供がボールを取り上げようとしました。

バクちゃん、助けて、と坊やは言いましたが、
乱暴な子供はボールを奪い取ろうとします。

坊やはボールをなげ出し、泣き声をあげながら家にもどりました。

ボールは丘の道をころがり、乱暴な子供はそれを追いかけて、
ダンプカーの下敷きになってしまいました。

泣きながら眠った坊やは、夢の中でバクと再会します。
そのバクは、前の日より、ずっと大きくなっていて、
満腹したような色をかわいい目にたたえていました。


というあらすじなのですが、
これはハッピーエンド……なのでしょうか。

かわいらしいタイトルで、最初はほのぼのした話だったのに、
急に怖い展開になって、ゾッとしました。

きっと、乱暴な子供は、「バクに食べられてしまったのでしょうね……。

坊やのボールを取り上げようとしたのは、もちろん悪いことですが、
その罪と死んでしまうという罰が釣り合っていないのが怖いです。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年6月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。