星新一「調査」のネタバレ解説

ある平和な夜に、赤い炎の尾が空から降ってきて、
町はずれの丘の向こうに消え、轟音と地響きが発生しました。

警官たちが丘に向かうと、暗い野原の中に、
長さ20メートル、直径5メートルくらいの大きさの、
銀色に光るスマートな形の物体がありました。

翌朝、学者と同僚と助手がやってきて調査を開始します。

まず、物体に電波をあて、金属らしいことと、
宇宙のどこからか飛んできた物だと分かりました。

物体の尾部あたりから変な電波が発信されているのを、
助手が学者に報告しました。

どこかの星のやつが宇宙旅行に出かけ、
途中で事故をおこし、不時着し、
救助を求める電波を出したのでしょう、と助手は言いました。

学者たちが物体の周囲をぐるぐるとまわっていると、
物体の外側をおおっていた銀色の金属らしいものがはがれ、
うまそうなにおいのするピンク色のゼリー状の物質があらわれました。

ゼリーを食べたがる人たちを学者は止めましたが、
人びとの間から犬がかけ出し、そのゼリーをかじってしまいました。

学者の指示でゼリー状物質を回収すると、
その下に茶色のプラスチックのようなかたい物がありました。

ナイフでプラスチック様の物質をけずると、
その下にさらにかたい物がありました。

アルコールランプやバーナーでとかしますが、
いくら高温にしてもとけなくなりました。

こんどは冷やしてみると、冷却した部分にひびが入り、
ひびが入った層がつぎつぎとはげおちました。

まだ先があったので、今度は放射線発生装置を使うことにしました。
電波はまだ発信されつづけていました。

場面が変わり、「巨大で青白い色の太陽を持つ惑星で、
その電波を受信していました。

ほうぼうの星へ送った無人の小型宇宙船からの報告で、
ゼリー状の物質を食べたことから動物はたしかにいて、
刃物を使う文明、火の発見の段階も越していると分かりました。

また、高温、低温を作る技術も発達していました。

放射線を発生させる技術については、これから受信するところでした。

放射線でこわれる層の下から出る猛毒ガスを防ぐことができるほど
文明の進んだ星だったら、宇宙に進出して暴れる前に、
処置をしにでかけよう、とその惑星の人達は話していました。


というあらすじなのですが、タイトルの「調査」は、
地球の人達が宇宙からの物質を調査している、という意味と、
宇宙人が地球人の文明の進み具合を調査している、
という2つの意味があったのでした。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年8月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。