川原礫「ソードアート・オンライン2 アインクラッド」3話「朝露の少女」のネタバレ解説

1巻の終盤、22層でキリトとアスナが結婚していた時のエピソードです。

2024年10月、この辺の森が深くなっているところで、
幽霊が出る、という噂をキリトは聞きました。

アスナはキリトに肩車をしてもらい、その場所に行きます。

すると、本当に白いワンピースをまとった、8歳くらいの幼い幼女がいました。
しかし、その幼女はキリト達の目の前で倒れて気絶し、実体がありました。

ただし、通常アインクラッドに存在する動的オブジェクトなら、
プレイヤーにせよモンスターにせよNPCにせよ表示されるはずの、
カラー・カーソルが出ませんでした。

幼女を家に連れて帰り、その晩は寝ました。

翌朝、幼女は目を覚まし、アスナにしか聴こえないはずの
起床アラームに合わせてハミングしていました。

幼女はユイと名乗りましたが、それ以外の記憶はなく、
精神にダメージを受けているような様子がありました。

ユイは、キリトのことをパパ、アスナのことをママ、と呼び、
アスナはそれを受け入れました。

ユイにウインドウを出してもらい、可視モードにしてもらって、
ウインドウを見ると、プレイヤーとは思えない異常な画面でした。

ユイのことを知っている人を探そうと、第1層のはじまりの街に行きます。

ここでアスナの回想があります。
厳格な両親に育てられたアスナは、兄が買ったナーヴギアとSAOを、
兄が出張に出かけた1日だけ使うつもりでSAOにログインし、
事件に巻き込まれました。

受験シーズンの中学3年生の冬であり、
パニックになったアスナは2週間宿に閉じこもった後、
周囲の人々の心を繋ぎとめておくためには、
事件を解決した英雄になるしかないと決意し、フィールドに出ました。

ここで「黒髪の剣士」と出会ったのは2年前ではなく1年前という文があり、
プログレッシブ編と矛盾していますが、
この「黒髪の剣士」はキリトのことではない可能性もあります。
まあ、プログレッシブ編は基本的に後付けなので、
その辺の細かい矛盾には目を瞑りましょう。

回想終わりです。

はじまりの街には、フィールドに出るのを恐れ、
売っても5コルにしかならない果実が落ちるのを待ち続ける男がいました。
その男から、東七区の川べりの教会に子供のプレイヤーが集まって住んでいる、
という話や、昼間はアインクラッド解放軍の徴兵部隊に出くわすかもしれないから、
みんな宿屋の部屋に閉じこもっているという話を聞きました。

その教会に行くと、大きな眼鏡をかけた20歳前後の女性と、
12歳から14歳くらいの、何人もの子供たちがいました。

子供たちの面倒をみているサーシャという女性は、
2年間ずっと、毎日1エリアずつ全ての建物を見て回って、
困っている子供がいないか調べていましたが、
ユイのことは知らないと言いました。

教会の生活費は何人かの年長の子がフィールドでモンスターを倒し、
稼いでくれているのですが、今はじまりの街に残っているプレイヤーは、
フィールドでモンスターを狩るのは自殺行為だと考えている人ばかりなので、
サーシャ達は相対的にこの街の平均プレイヤーよりお金を稼いでいることになり、
軍に目を付けられてしまっていました。

東五区の道具屋裏の空き地で、軍が10人くらいで通路をブロックしている、
と助けを求めた少年がいて、キリトとアスナは助けに行きました。

街の圏内では、犯罪防止コードのおかげで他のプレイヤーにダメージを与えたり、
無理矢理移動させたりすることはできないのですが、
それを利用して行く手を阻もうとする悪意のプレイヤーもいました。

キリトとアスナは軍メンバーの頭上を飛び越えて、
閉じ込められていた子供たちのところに駆けつけました。
アスナは≪圏内戦闘≫で、軍のメンバー達に剣撃を浴びせ、
システムカラーの発光と衝撃音で、軍のメンバー倒しました。

それを見たユイは何かを思い出した様子で、
ずっと、ひとりで、くらいところにいた、こわい、と言いました。

その夜は協会に泊めてもらいました。
翌朝、ユリエールという長身の女性プレイヤーが教会を訪ねてきました。
ユリエールも軍に所属していますが、他のメンバーとは違い、
サーシャ達に好意的でした。

軍は最初はギルドMTDという名前だったのですが、
かつてのサブリーダーで現在の実質的支配者の、
キバオウという男が実権を握ってから軍に改名した、
という事情をユリエールは話しました。

MTDは、日本最大のネットゲーム総合情報サイト≪MMOトゥデイ≫の管理人の、
シンカーという人物が作ったギルドだったのですが、
最近ではシンカーは飾り物状態で、キバオウ派のプレイヤー達は、
徴税と称して恐喝まがいの行為を始めたのでした。

資材の蓄積だけにうつつを抜かして、
ゲーム攻略をないがしろにし続けるのは本末転倒だろう、
という声が末端のプレイヤーの間で大きくなり、
キバオウは配下の中で最もハイレベルのプレイヤー十数人で、
最前線のボスを倒そうとしましたが、結果は敗退でした。

無謀さを糾弾されたキバオウをもう少しで追放できるところまで行きましたが、
キバオウはシンカーを罠にかけました。

キバオウはダンジョンの奥深くに設定してある回廊結晶を使い、
1人で突破して戻るのは不可能な状態にしました。

シンカーはもう3日もダンジョンの奥深くに閉じ込められており、
ユリエールはキリトとアスナに助けを求めたのでした。

ユリエールはうそついてない、というユイの言葉を信じ、
キリトとアスナはシンカー救出に協力することにしました。

問題のダンジョンは、上層攻略の進み具合によって解放されるタイプのもので、
はじまりの街の地下にありました。

60層クラスのモンスターを倒して、どんどん先に進み、
安全地帯に隠れているシンカーを発見しました。

ユリエールはシンカーに駆け寄りますが、
死神のようなボスモンスターはユリエールに襲いかかろうとしました。

キリトは恐ろしい速度でダッシュしてユリエールを助けた後、
アスナに、今すぐ他の3人を連れてクリスタルで脱出しろ、と言いました。

ボスの強さは90層クラスだったのです。
キリトはアスナに逃げろと言いましたが、アスナはキリトを助けるため、
残って戦うことにしました。

ボスは圧倒的な強さでしたが、そこにユイが近づいてきました。
ユイには、「 【Immortal Object】、不死的存在というシステムタグがあり、
ユイは身の丈を超える剣を出現させてボスを倒しました。

記憶を取り戻したユイは、自分は≪カーディナル≫という、
問題を抱えたプレイヤーのために試作された、
≪メンタルヘルス・カウンセリングプログラム≫、
コードネーム≪Yui≫だったのだと言いました。

つまり、ユイはAIだったのですが、SAOがですゲームとなってからは、
プレイヤーに一切干渉できなくなり、
プレイヤーの負の感情をモニタリングし続けるうちにエラーを蓄積させ、
崩壊してしまったのでした。

しかし、キリトとアスナは、
他のプレイヤーとは大きく異なるメンタルパラメータを持っていたので、
その2人の近くでシステムコンソールで実体化し、
彷徨うようになっていたのでした。

ユイは、ずっとキリトやアスナと一緒にいたいと言いました。
しかし、ユイが記憶を取り戻したのは、安全地帯にあった、
GMがシステムに緊急アクセスするために設置されていた
黒いコンソールに触れたからでした。

それのおかげでボスを倒せましたが、同時に、
今まで放置されていたユイにカーディナルが注目してしまったので、
ユイは消去されてしまうことになりました。

ユイはキリトとアスナにお別れを言いますが、
キリトは黒いコンソールに飛びつき、ホロキーボードを叩いて、
GMアカウントでシステムに割り込み、
ユイのプログラム本体をシステムから切り離してオブジェクト化しました。
ゲームがクリアされたら、キリトのナーヴギアのクライアントプログラムの
環境データの一部としてローカルメモリに保存されるようになっていました。


救出されたシンカーは、キバオウと彼の配下を除名し、
蓄積した資材をこの街の住民に均等に分配してから、
軍自体を解散すると言いました。

というあらすじなのですが、今回、
キリトさんにはシステムエンジニア的才能もあることが発覚しましたね。

これでモテないわけがないです。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

結物語 (講談社BOX)

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年4月10日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。