東野圭吾「恋のゴンドラ」5話「スキー一家」のネタバレ解説

今回は、2話に登場した月村春紀と、月村と結婚した旧姓土屋麻穂の話です。

月村にとっては義理の父親にあたる、麻穂の父親の土屋徹郎は、
スキーは大好きだけどスノーボードは大嫌い、という頑固な男でした。

月村は麻穂のアドバイスで、
スノーボードをやっていることは内緒にします。

また、月村と麻穂は、徹郎とその妻の小百合と一緒に、
土屋家では恒例になっているスキー旅行に行くことになりました。

スノーボードは滑走禁止のスキー場に行く予定でしたが、
宿が取れず、里沢温泉スキー場に行きました。

そこで月村はスキーをしましたが、スノーボードには慣れていて得意なのに、
スキーは上手くいかず、徹郎に怒鳴られてばかりで嫌気が差しました。

レストランに行くと、スノーボードをしに来た若者達のマナーが悪いのを見て、
徹郎はスノーボードの悪口を言います。

レストランは混んでいて、パトロール隊員の根津昇平が、相席を頼みました。

ちなみに、この根津昇平というキャラクターは、
「白銀ジャック」や「疾風ロンド」などの主人公ですが、
今回は脇役として登場しています。

スキーヤーの根津を気に入った徹郎は、昼食後、
根津にお勧めコースを案内してもらいます。

根津は非常にスキーが上手く、
徹郎はスキーに関する根津のアドバイスを素直に受け入れました。

根津は、深雪用のスキー板が流行していて、スノーボーダーだけではなく、
圧雪していない滑走禁止エリアを滑るスキーヤーも増えた、
という話をしました。

林道に入ろうとしたところで、
根津のスキー板のバインディングの調子が悪くなり、
通りがかった親切なスノーボーダーの若者達から、
スノーボードを貸してもらいました。

実は根津は、スキーよりスノーボードの方が本職で、昔、
スノーボードクロスのオリンピック候補の選手だったこともあったのでした。

根津のスキーをつけた若者は、片足だけで問題なく滑っていきました。

根津は、スキーヤーとスノーボーダーの一方しか知らなければ、
どうしても思いやりに欠けた部分が出てしまう、
両方を知ることはとても大切だ、と言いました。

旅館に行くと、徹郎はショックを受け、
スノーボードの悪口は言わなくなっていました。

実は、「この一連の流れはすべて、計画通りだったのでした。

3話に登場したパトロール隊員も実は根津で、
その時に根津と知り合った麻穂は、根津に相談し、
父親のスノーボード嫌いを何とかしてもらおうとしたのです。

麻穂は、今なら月村がスノーボードをしていることを
打ち明けられると言いました。
しかし月村は、スノーボードは徹郎がいない時にいくらでも出来るから、
この家族旅行では毎年スキーをすると言いました。

月村は、根津の言葉で、スキーとスノーボードのどちらかしか知らないのは、
とても損なことだと気づいたのでした。


というあらすじなのですが、東野圭吾さんも元々はスキーヤーで、
後になってスノーボーダーに転身した人なので、
両方の気持ちが分かるのでしょうね。 見やすい記事一覧はこちらです。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年10月8日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。