知念実希人「神酒クリニックで乾杯を 淡雪の記憶」のネタバレ解説

神酒クリニックで乾杯を 淡雪の記憶 (角川文庫)


神酒クリニックシリーズ、第2弾です。

午後11時40分ごろ。
茅場町ビジネスパレスの警備員の真鍋信二が、夜の当直をしていると、
電話がかかってきて、午前0時に爆発する爆弾を仕掛けた、
と言われました。

先輩警備員の猪原史郎にそのことを伝え、
真鍋信二と猪原史郎はビルの中を探し、
旅行代理店の給湯室で爆弾を発見しました。

1度はビルを脱出した真鍋信二と猪原史郎でしたが、
信二は警備員室で飼っていたインコが取り残されていることに気づき、
インコを逃がし、外に出ました。

その直後、本当に爆弾が爆発しました。

場面が変わり、主人公の九十九勝巳が、
患者の家から脱走した飼い猫の龍之介を捕まえる際に、
龍之介に引っかかれました。

その患者は現在ハワイに行っているため、
夜はビルの5階にある神酒章一郎と一之瀬真美の部屋で龍之介を飼い、
昼間は喫茶店に置いておくことになりました。

梅沢化粧品の社長の梅沢に呼び出され、
勝巳、神酒、真美、夕月ゆかり、天久翼、黒宮智人の6人は、
北区赤羽にある梅沢の豪邸に行きました。

そこには、30歳前後の女性がずぶ濡れで倒れており、
血を流していました。

女性を治療しながら事情を聞くと、妻には出張に行っていることにして、
愛人といちゃついているときに、
怪我を負った女性が庭に入ってきたのだそうです。
警察に通報すると、不倫を妻に知られてしまうかもしれないので、
神酒にこっそりと治療してほしい、と梅沢は頼んだのでした。

また、怪我をした女性本人も、意識を失う前に、
警察は嫌だと言ったのだそうです。

意識を取り戻した女性は、記憶喪失になっており、
翼は彼女に『赤羽』という仮の名前をつけました。

翼が診察すると、赤羽は、
暗い部屋の中で男たちに4つの爆弾を作らされていた、
という断片的な記憶を思い出しました。

午前零時を過ぎていると訊くと、私が作った爆弾が爆発する、
と赤羽は口走りました。
赤羽が冒頭のビルの爆破事件に関与している可能性が高くなりました。

その夜は翼がつきっきりで看病しました。
翌日の夜、赤羽の希望で、巽ビルの3階の病室で、
翼が赤羽に催眠をかけました。

赤羽は、窓から2棟のビルと川が見えるマンションにいる、
と思い出しましたが、家族というキーワードに反応し、
パニック状態になりました。

その翌日、マスコミ各社に、爆弾犯から犯行声明文が送られてきた、
というニュースが流れていました。

赤羽が思い出したマンションを探しに行くと、
そのマンションの前に10台を超える警察車両が停まっており、
警官が規制線を張っていました。

知らんふりをして通り過ぎようとしますが、
謎の男に尾行されていることに、黒宮が気づきました。

真美が運転するミニに乗って逃げようとしますが、
車で尾行されていることに気づき、真美はすさまじいスピードで運転し、
尾行を振り切りました。

クリニックに戻った赤羽は、尾行していた男は刑事ではなく、
赤羽を監禁していた男たちだと言いました。
他にも、土砂降りの夜、あの男から全力で逃げていたことや、
津田美鈴という自分の名前を思い出していました。

津田美鈴について調べ、31歳という年齢や、
関東電機大学の大学院卒業後、四葉電機に入社した、
優秀な技術者であることなどが分かりました。

刑事の桜井に、爆弾事件の情報を一部流し、見返りとして、
黒宮が暗記していた尾行の車のナンバーを調べてもらいました。

埼玉県に3ヶ所営業所があるレンタカーショップの車だと分かり、
その営業所の前で、勝巳たちが手分けして、
尾行の男が車を返しに来るのを張り込むことにしました。

勝巳とペアになった真美は、人の心を読めてしまう翼は、
記憶を読み取ることができない美鈴に惚れたのだろう、
という話をしました。

やがて、尾行していた男、2人がやってきて、勝巳は2人を尾行しました。

しかし、尾行に気づかれ、公民館の裏手に誘いこまれてしまいました。

ボクシングの経験がある角刈りの男と戦闘になりますが、
風邪気味だった勝巳はやられてしまいます。
角刈りの男の手下の男が、角刈りの男のことを「マサさん」と呼びました。

勝巳は誘拐されそうになりましたが、
ゆかりがパトカーのサイレンの声帯模写をして、男たちを追い払ってくれ、
助かりました。

クリニックに戻った勝巳は、黒宮に診断され、風邪ではなく、
猫の龍之介に引っかかれたことが原因の、猫ひっかき病だと言われました。

勝巳と戦闘になった男の特徴を伝えると、
神酒が黒宮に、プロボクサーについてリストアップしろと言いました。

その時、第二の爆発が起こったことが判明しました。

黒宮は、「マサさん」はタイガー雅次(まさつぐ)だと特定し、
2日後、神酒と勝巳はタイガー雅次が所属していたジムに行きました。

神酒はジムの会長に、ジム生の誰かとスパークリングをして勝ったら、
タイガー雅次の情報を教えてもらう、という条件を受け入れさせました。

神酒は、一番強い、80キロはあるジム生とスパークリングをし、
吹き飛ばして勝利しました。

約束通り、会長からタイガー雅次の情報を聞きます。

雅次は試合で網膜剥離になり、引退に追い込まれ、
荒れて傷害事件を起こしたが示談になり、警備会社に就職しました。
しかし、その警備会社が日本セキュリティ保障という大手警備会社に買収され、
リストラされ、ヤク.ザみたいな奴らの用心棒をやるようになり、
雅次は再び傷害事件を起こして逮捕され、会長は雅次と縁を切りました。

また、雅次の本名は成田雅次で、会長の一人息子でした。

勝巳と神酒が喫茶巽に戻ると、黒宮が、
「先々月、美鈴の夫と2歳の娘が、橋から河川敷に落下して、
車ごと炎上して死亡した」というニュースを見つけていました。

神酒は黒宮に、次に爆破が起こる場所と時間を予測してほしい、と言いました。

3日後、黒宮は、成田雅次の友人らしき人物の一人が、
恋人へ宛てたメッセージの中で、深夜、
東陽町に近づかないように警告するものがあった、という情報を掴みました。
その男は、深夜にそこで爆破事件が起こるって噂を、ネットで見た、
と恋人に言っていましたが、ネットにはそんな噂はありませんでした。

また、次の爆破が起こるのは今日でした。

これまでの2回では、13階建てのビルの最上階に爆弾が仕掛けられていたので、
今回も東陽町にある13階建ての山田ビルが怪しい、という話になりました。

ゆかりと勝巳は山田ビルに行き、ゆかりが警備員の気を引いている隙に、
勝巳が警備員の制服のポケットから鍵をくすねました。

神酒が防犯カメラのレンズに黒いスプレーを吹きかけ、
勝巳や神酒やゆかりや翼や美鈴は、山田ビルに侵入しました。

午後11時18分に、勝巳は爆弾を発見しました。
神酒が爆弾を解体しようとしますが、解体は難しそうでした。

しかし、美鈴は爆弾の構造を思い出し、コードを引き抜いて爆弾を無効化しました。

警備員が巡回する気配を感じ、真美が待機している車に戻ります。

ところが、爆破予告がなく、犯人は爆弾を持ち去られたことに気づいていました。

美鈴が口元を押さえて苦しそうにしているのを見て、
ゆかりは何かに気づいた様子でした。

ゆかりのアドバイスもあり、勝巳が真美に、
美術館で開催される大印象派展に行かないかと誘うと、真美は嬉しそうにしました。

公園のトイレに行っていた美鈴が、目出し帽を被った男に拉致され、
バンに乗せられてしまいます。
そこへ、トイレに駆け込んだバイクの男がやってきたので、
真美はそのバイクを拝借し、勝巳は真美の後ろに乗り、バンを追いかけました。

真美は車に急接近してバンの運転手を驚かせ、スピンさせました。

勝巳が、バンから出てきた成田雅次と闘っている隙に、
真美がバイクで他の男を弾き飛ばして、美鈴を助け出しました。

バイクには2人しか乗れないので、真美に美鈴を乗せて出発してもらい、
勝巳は時間稼ぎに成田雅次との戦闘を続けます。
しかし、パトカーのサイレンが聞こえてきて、成田たちは逃げていきました。
その時、勝巳は、後部ドアの隙間から見えるバンの車内に、
古そうな大きな絵がいくつも積み込まれているのを目撃しました。

真美がキャンピングカーで戻ってきて、
勝巳がパトカーから逃げる手伝いをしてくれました。

午前零時過ぎ、勝巳たちはバー神酒に戻りました。
神酒は、C4爆薬を酒瓶の下に煉瓦のように並べ、隠しました。

真美もバンの中にあった絵を目撃していましたが、
その絵は駄作で、全く価値はないと言いました。

山田ビルの警備員が13階にやってきたのは、
見回りではなく爆弾のスイッチを入れるためだったのかもしれない、
という話になりました。

山田ビルと、1、2回目に爆破されたビルの警備を請け負っているのは、
全部同じ日本セキュリティ保障でした。

勝巳とゆかりと翼は、最初の爆破事件で警備をしていた、
真鍋信二が入院する病院に、その病院の医療関係者の恰好をして潜入しました。

翼が真鍋信二に催眠術をかけ、事件当時のことを思い出してもらいます。
怪しい動きをしていた先輩警備員の猪原史郎は、
日本セキュリティ保障に吸収されたユニバーサル警備に勤めていた、
と真鍋信二は言いました。

巽ビルに戻ると、黒宮が、ユニバーサル警備は10年前、
鴨志田(かもしだ)亮介と猿渡恒彦(さわたり・つねひこ)が開設した会社で、
5年前に日本セキュリティ保障に吸収された、と調べました。

翌日、美鈴が姿を消してしまい、津田美鈴を預かった、
という内容の脅迫状がカウンターに置かれていました。

場面が変わり、日本セキュリティ保障社長の東海盛定(もりさだ)は、
鴨志田と猿渡と一緒に、東京都羽村市にある営業所にいました。
その地下にある金庫に、『大印象派展』の美術品を搬入しました。

日本橋の本社と新宿支社にも金庫室はあったのですが、
それらの金庫室は13階建てのビルの最上階にあったので、
爆破事件を考慮して羽山市の営業所の金庫室に保管することになりました。

5年前、日本セキュリティ保障に吸収された後、
鴨志田は常務に就任し、そこから這い上がり牛耳るつもりだったのですが、
4年前に新社長に就任した東海は鴨志田を冷遇し、
反社会的組織との関係についても調べられていました。

美術品を搬入すると、爆弾を仕掛けたという脅迫電話がかかってきました。

鴨志田は美術品を避難させようと東海に言い、
金庫室へ戻ると、共犯者である子飼いの部下たちに指示を出しました。

東海が網膜スキャンと暗証番号で、金庫室の扉を開けると、
鴨志田は正体を現し、拳銃を東海に向けました。
隣では、猿渡がキュレーター(学芸員)たちに銃口を向けていました。

ダミーの美術品と一緒に、東海たちを爆弾で粉々にし、
鴨志田は他の国に行って、新しい名前で生活を始める、という作戦でした。

しかし、鴨志田が金庫室に入ると、中に作動した爆弾があり、
インターホンからは猿渡が裏切ったという声が聞こえてきました。

鴨志田が猿渡を説得して扉を開けさせると、
拘束された猿渡や警備員がいました。

猿渡の声は、ゆかりの声帯模写だったのです。
中にあった爆弾は、美鈴に頼んで作ってもらった偽物でした。

神酒は残りの警備員や鴨志田を倒し、拘束します。

勝巳はそこを抜け出し、外で成田雅次と決闘しました。
勝巳は成田雅次を倒すと、テンカウントをとり、
罪を償ったら、父親のジムでトレーナーでもやったらどうだ、と説得しました。

ゆかりから電話がかかってきて、翼と連絡がとれないと言われました。
また、成田は、美鈴を拉致などしていない、
美鈴は自分からすすんで装置を作ったのだと言いました。

美鈴は、飲酒運転の車に追突されて夫と娘を亡くしており、
その運転手である梅沢化粧品の社長に復讐しようとして、
鴨志田たちに近づいたのでした。

場面が変わり、梅沢の別荘で、美鈴は梅沢の膝の上に、
動いたら爆発する時限爆弾を載せていました。


しかし、「爆弾にはGPSを内蔵した龍之介の首輪が入っており、
その信号を辿って、翼が梅沢の別荘にやってきました。
まだ美鈴は部分的に記憶を失った状態であり、
自分が催眠術で残りの記憶を思い出させる、と翼は言いました。

さらに、梅沢の秘書に聞いて、神酒や勝巳や真美や黒宮やゆかりも、
別荘に駆けつけてきました。

美鈴は逃げ出しましたが、翼が追いかけました。
美鈴は現在妊娠しており、だから復讐の計画を途中で中止しようとしたのだ、
と翼は言いました。

美鈴は翼の催眠術で妊娠の記憶を取り戻してもらうと、
爆弾のコードの番号は、娘の誕生日の12月8日にちなんだ、
1、2、8だと告白しました。

美鈴は桜井に伴われて自首しましたが、最後に、
翼に自分の顔を見てもらいました。
顔を見ただけで心が読める翼は、
どうやら美鈴が出所するのを待つみたいでした。


というあらすじなのですが、詰め込み過ぎじゃないかと思うくらい、
次から次へと事件が起こり、相変わらず面白かったです。

ただ、翼と黒宮が同性愛的な関係にあるのではないか、
と、ゆかりが翼をからかうシーンが何度も何度も出てくるのは、
LGBTの人達に対してとても失礼なことであり、
差別的な行為なので、良くないと思います。

先に翼がゆかりに対して失礼なことを言っているという前提はありますが、
黒宮はゆかりに対して何もしていないのに、一方的にセクハラされています。

セクシャル・ハラスメントを肯定するような描写は、
読んでいて不愉快でした。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年8月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。