星新一「復讐」のネタバレ解説

ある夜、突然、宇宙船の大編隊が地球にやってきました。

宇宙船から降りてきた宇宙人たちは、
手にした銀色の棒を振り回し、街を破壊して焼き払い、
人びとを虐殺して回りました。

抵抗しても、抵抗しなくても、地球人は殺されてしまいます。

宇宙人たちは、ユル星からやってきたのだと言い、
この星が面白くないからあばれているのだ、と言いました。

人口が減り、目ぼしい都市は廃墟と化し、
みのり豊かな農場も焼野原になってしまいました。

宇宙人たちは、くやしかったら、ユル星までこい、
と言い、宇宙船に乗って去っていきました。

生き残った人びとは、ユル星にうらみをはらせ、
と復讐の念にもえて復興し、
人類すべての努力の結晶である巨大な宇宙船に、
よりすぐられた若者たちが乗り込み、地球を後にしました。

ユル星に着いた若者たちは、絶対に防ぎようのないガス弾を、
あたりじゅうに発射しました。

ところが、「悲鳴をあげながら逃げまどうユル星人たちは、
かつて、地球を荒らしまわった連中とは、
似ても似つかぬ住民でした。

だまされたと知った若者たちは、
無抵抗にひとしい平和なユル星人たちを追いまわし、
街々を破壊し、うっぷんを晴らしました。

引き上げる時には、空のでたらめな方向を指さして、
われわれはあのグーラ星のものだ、くやしかったら、
やってこい、と言ったのでした。


というあらすじなのですが、もしかしたら、
最初に地球にやってきた宇宙人たちも、
別の宇宙人たちに騙されて地球にやってきたのかもしれませんね。

そして、不幸の手紙のように、悲劇の連鎖が続いていくのでしょう。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年8月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。