星新一「テレビ・ショー」のネタバレ解説

ある夜、政府の提供によるテレビ・ショーが始まる、
というアナウンサーの声がテレビで流れました。

そのテレビ・ショーを、ぜひ、お子さまたちにお見せください、
とアナウンサーは繰り返し呼びかけます。

ある40歳ぐらいの夫婦は、テレビ・ショーを息子に見せようとして、
息子の勉強部屋に行きましたが、息子はいませんでした。

机の上に勉強の本があるのを見て、母親は、
いったん手にとった本を机の上にたたきつけました。

庭の鉄棒で機械体操をやっているんじゃないか、
と父親は言いましたが、庭にも息子はいませんでした。

高校の実験室に行っているんじゃないのか、
と父親が言い、母親は高校に電話しました。

電話に出た息子は、さっき本を読んでいたら、
急に実験がしてみたくなり、学校に行ったのだと言いました。

息子に、家に帰っていっしょにテレビを見ておくれ、
と頼んだ後、夫婦はぐちをこぼしあいました。

息子は、おとなしく、まじめで、勉強をよくやる子です。
息子が家へつれてくる友だちも、いい子ばかりでした。
子供はだれでも、みなそういう子供だったのです。

当初は、人類のためにはいいことだと思われましたが、
それにともなった現象が発見され、
どの親も苦悩のどん底にたたき落とされました。

息子が帰ってくると、息子は行儀よく腰を下し、
両手をひざの上にのせました。

もっと楽な姿勢で見たらいいだろう、と父親が言っても、
息子はこのほうがいいと言います。

やがて、テレビ・ショーが始まりました。

新しく音楽が始まります。それは、大人たちにとっては、
ある感情を刺激するものでした。

その音楽にともない、男と女があらわれます。

男と女は、踊りながら身につけているものをひとつずつ脱いでいき、
互いに近よりました。

父親は息子に、おまえもこれを見て、少しは興奮するようになったか、
と訊きます。
息子は両親に心配をかけまいと、両親が望む答えを言いましたが、
いつもと同じ静かな目には、燃えあがる情.欲の光など、
少しもわいていませんでした。

人類から急速に失われつつある性.欲を、
なんとかして子供たちに植えつけようとして、
政府提供の豪華なショーは、むなしく放送されつづけました。


というあらすじなのですが、先進国では、
どの国でも少子高齢化が進んでいます。

一方、発展途上国では、人口爆発が止まらず、
地球上の人口は増える一方です。

文明が発達して、人々が理性的になればなるほど、
少子化が進むということは、すでに証明されました。

しかし、もちろん性.欲がなくなったわけではありません。
平成25年度の人工妊.娠中絶の件数は、
18万6000件以上でした。
年間の出生数は約100万人なので、
18パーセントくらいが人工妊.娠中絶されていることになります。

その一方で、子供が欲しくて長年、不.妊治療を続けても、
お金と時間がかかるばかりで効果を得られない人たちもいます。

本気で少子化を止めたいのなら、
もっと養子に関する議論をした方がいいのではないか、
としまうましたは思いました。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年8月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。