湊かなえ「山猫珈琲」特別収録2『ラスト・エレベーターガール』のネタバレ解説

山猫珈琲 下巻


下巻には、脚本が2編、特別収録されています。

最初の『ラスト・エレベーターガール』は、
第2回Sーi新人脚本賞の佳作を受賞した作品です。

女性が主人公で30分のラブストーリーとか、携帯電話を魅力的に使うとか、
3日以内の話とか、設定は現代の東京で季節は7月から9月頃とか、
細かい縛りがたくさんあります。

主人公の津田桃子は、百貨店でエレベーターガールとして働いていましたが、
エレベーターガールを廃止することになり、布団売場に異動することになりました。

同僚の麻美の勧めで、新しい携帯電話を買うことにし、
仕事帰りに家電ストアに行きました。

そこで、バッテリーが従来の機種より3倍長持ちだというのに惹かれ、
携帯電話を購入しました。

その携帯電話を開発した緑川宏嗣、29歳が、
会社からその携帯電話が売れないと聞いて焦り、家電ストアの様子を見てました。
2時間待って、桃子がその携帯電話を買ってくれたことに感激し、
桃子に声をかけました。

2人は食事をすることにし、トンカツ屋に移動します。
桃子はそこで、緑川に愚痴をこぼしました。

人事の西園寺という男に、食事に誘われメールアドレスを渡されたのですが、
桃子の携帯電話はメール機能がついていなかったため返信できず、
そのことに腹を立てた西園寺に布団売場に飛ばされたのだ、と桃子は言いました。

桃子がエレベーターガールとして最後の仕事をした日、
緑川は桃子に会いにきてくれました。

緑川は布団売場にも会いに来てくれ、2人は付き合うことになりました。

というあらすじなのですが、昔に書かれた脚本なので、結構時代を感じますね。

下巻のエッセイの部分には、子供の頃に読んだ怖い絵本の話、
生まれ育った因島の外の高校に行きたかったのに、
島内の高校に進学させられたこと、
高校で剣道部に入ったこと、
大学でサイクリングのサークルに入り、北海道を一人旅したこと、
大学卒業後、就職したアパレル会社を辞めて、
青年海外協力隊としてトンガ王国に行ったこと、
脚本コンクールで佳作をとったけど、
地方在住だと脚本家としてやっていくのは難しいと言われたこと、
それでも諦めずに脚本と小説の新人賞に応募し続け、
小説推理新人賞を受賞してデビューしたこと、などが書かれています。

ただ、それぞれ違う媒体で発表したエッセイを1冊にまとめたせいか、
同じエピソードが何度も何度も出てきました。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年8月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。