星新一「探検隊」のネタバレ解説

長さが3キロもある宇宙船が着陸し、大きな宇宙人が出てきました。

高さ50メートルほどの大男たちは、木をひきぬいて、
目の高さまで持ち上げたり、
人間を抱きあげて、顔近くまで持ち上げたりすることはありましたが、
再び地上におろすだけでした。

銃をうったりスピーカーで話しかけたりしても、大男たちは無反応で、
なれるに従って、おたがいにじゃましあわない生活がはじまりました。

大男たちは、恐竜のような大きな怪獣にまたがり、
遠くまででかけていくことがありました。

大男たちは、単なる探検か調査のためにやってきたのだろう、
と人びとはうわさしあいました。

そして、その探検が一応済んだのか、亜季になると、
彼らはその大きな宇宙船に乗り、空の彼方に去っていきました。

しかし、怪獣は杭にくさりで繋がれ、取り残されていました。

冬になり、雪がつもりはじめると、怪獣はくさりをかみ切り、
村にあばれ込みました。
何人かの人びとが、怪獣のおそろしい牙のえじきとなりました。

その後も、怪獣は村人を襲い続け、春になりました。
宇宙船がやってくると、大男たちは怪獣に近づきました。

村人たちは、怪獣が暴れたあとをみて、
大男たちが怪獣たちをこらしめてくれるのを期待したのですが、
「大男たちは怪獣をかわいがり、
怪獣の方も大男たちにほおをすりよせました。

だれかが、あの怪獣どもは、やつらのペットで、
タローとかジローという名にちがいない、とつぶやきました。

というあらすじなのですが、これは、
1958年に、探検隊が南極大陸調査のため、
犬ぞりをひく犬たちを連れて行きましたが、
引き上げる際に15匹の犬を置き去りにしないといけなかった、
という話を元ネタにして作られたショート・ショートです。

1年後に再び調査に行くと、15匹のうち、
タローとジローという名前の犬だけが生き残っていました。

タローとジローは、首輪を抜け、アザラシやペンギンを食べて、
生き延びていました。

この話は美談として語られることも多いのですが、
外来生物が現地の生態系を乱したということで、
星新一さんがペンギン視点の話を書いたのが、この作品ですね。

大男=南極調査に行った日本人、
怪獣=犬
村人=ペンギン、
というわけです。
見やすい記事一覧はこちらです。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年10月8日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。