湊かなえ「山猫珈琲」特別収録1『Aokage』のネタバレ解説

山猫珈琲 上巻


湊かなえさん初のエッセイ集「山猫珈琲」の上巻に特別収録されている、
「イマジナリー・ノベル~『Aokage』(ポル.ノグラフィティ)~」
のネタバレ解説です。

ポル.ノグラフィティの『Aokage』という曲を聴いて書かれた話です。
湊かなえさんとポル.ノグラフィティは、
どちらも広島県因島市出身という共通点があります。

主人公の女の子は、気になっている男の子と2人で、
青影トンネルを通って出かける約束をしていました。

鏡を見て、前髪を揃えるだけのつもりだったのに、
飼い犬のサスケの鳴き声が聞こえたせいで、
ザクッと切り過ぎてしまいました。

約束の時間から15分以上経って、サスケの吠える声が聞こえ、
男の子が家の前にやってきたことを知りました。

主人公は青影トンネルまで自転車で通り、
男の子は走って主人公を追いかけます。

その途中、自転車を降りずに坂道を登り切れたら、
主人公は男の子と両想いになれて、
ずっと仲良しでいられる、と願かけしていました。

というあらすじなのですが、爽やかな青春小説といった感じの話です。

これだけだと、ブログの記事としてはあんまりなので、
エッセイの内容についても書きます。

湊かなえさんが生まれ育った因島や、夫や子供と暮らしている淡路島、
食べ物、登山、猫、海外青年協力隊でトンガ王国に行った時の話、
サイン会の話、などなどが書かれています。

特に、「望郷」や「山女日記」や「絶唱」の
元ネタとなったと思しきエピソードが、たくさん書かれていました。

複数の媒体で発表されたエッセイをまとめたせいか、
鯛そうめんが美味しい! という話が重複してたり、
海外で「告白」が出版されました、
という報告が重複していたりしていますが、
できるだけ発表当時の文章に手を加えないようにした結果、
こうなったのだと思います。

小説とは違って、エッセイは実際にあったことしか書けないので、
小説よりも大人しめというか、比較的穏やかなエピソードばかりでした。 見やすい記事一覧はこちらです。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年10月8日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。