西尾維新「猫物語 黒 第禁話 つばさファミリー」のネタバレ解説

猫物語 (黒) (講談社BOX)


この「猫物語 黒」は、時系列で言うと「傷物語」「ひたぎクラブ」の間の話です。
猫黒だけではなく、傷物語と化物語と偽物語のネタバレもあるのでご注意ください。

簡単にあらすじを説明すると、猫黒は、
ゴールデンウィークにブラック羽川が暴れ回ったときの話です。
既に化物語の第5話、「つばさキャット」でおおまかなストーリーが語られています。

そのため、この話にはネタバレしてまで解説するようなことはないのですが――
と思ったらありました。

そう。パンツの話です。
この話では何と、冒頭の4分の1が阿良々木くんとその妹の月火ちゃんの会話で
埋め尽くされているのです。
まあ、これには事情がありまして、おそらく「偽物語 下」で
月火ちゃんがメインヒロインの話であるにもかかわらず、
その姉の火憐ちゃんの歯磨きが全部持って行ってしまい、
肝心の月火ちゃんが空気と化しているという可哀相なことになっていたのが原因でしょう。

そこで、バランスをとるために月火ちゃんが目立つシーンを入れたかったのでしょう。

それと、化物語の前日譚であるため、
化物語で登場した多くのヒロインを出すことができない
という時系列的な縛りもあったのでしょう。

で、月火ちゃんが目立つのはいいのですが、
なぜその会話の内容がよりによってパンツなのか?
ということをネタバレ解説したいと思います。

はい、まずは傷物語の冒頭シーンを思い出してください。
阿良々木くんは羽川さんのパンツを見たことがきっかけで、
羽川さんと仲良くなりました。
つまり、阿良々木くんの頭の中ではパンツと羽川さんが「≒」で結ばれているのです!
だから、羽川さんがメインの話で延々とパンツの話をしていたのです!
また、後半の羽川さんがずっと下着姿でいることの伏線にもなっていたのです!


……書いてみて思いましたが、
わざわざ白字にしてまで言うことじゃありませんよね、これ。

(ちなみに、アニメでは尺の都合でパンツの話は丸々カットされていました)

本題に戻りますが、結構「つばさキャット」で語られた内容と
食い違っている部分があります。
まずは、猫を埋める直前に羽川さんと出会ったときのシーンですね。
羽川さんの左半分の顔が父親に殴られたせいで分厚いガーゼで覆われており、
阿良々木くんが吸血鬼の治癒能力を使って傷を治すという描写がありましたが、
化物語ではそのような内容はありませんでした。

まあ、単に「つばさキャット」では省略しただけなのでしょうが。

他の矛盾点を挙げるとすれば、阿良々木くんのファイヤーシスターズの呼び方と、
忍が思いっきり喋ってる!」ということですね。

前者はともかく、後者はもう幻聴とかで誤魔化せるレベルじゃないと思うんですが……。

――話を戻します。
羽川さんが虐待されていることを知った阿良々木くんに、
羽川さんは、次のようなことを話します。

シングルマザーだった羽川さんの母親は、
羽川さんを育てるため金目当てに結婚するのですが、すぐに自殺します。
その母親の夫も、再婚した後、過労死してしまいます。
過労死した「母親の夫」の後妻と、その夫が現在の羽川さんの両親なのです。

……分かりにくいですね、はい。
要するに、羽川さんは現在の両親と血が繋がっておらず、
血縁上は天涯孤独の身だったわけです。

そんな話をした後、羽川さんは死んでいたしっぽのない猫を埋葬します。

阿良々木くんが学習塾跡へ行って忍野にその話をしたところ、
忍野は墓荒らしをしに猫を埋葬した場所へ行き、
阿良々木くんは羽川さんの家へ様子を見に行きます。

障り猫という怪異に憑りつかれた羽川さん――ブラック羽川は、
自分を虐待していた両親にエナジードレインをし、病院送りにします。
阿良々木くんも下着姿のブラック羽川の攻撃を受け、左腕を切断されてしまいます。

さらに、ブラック羽川は無関係な町の人まで襲い始め、
忍野はそれをやめさせようとするのですが、
本来は低級なはずの障り猫は羽川さんの力で大幅に底上げされているため、
忍野は毎回負け続けてしまいます。

ちなみに障り猫というのは、自分に親切にしてくれた相手に憑りつき、
悪さをするという、恩を仇(あだ)で返すタイプの怪異です。
しかしこの話には、実は『本当は怪異なんて憑りついていなかった』というオチがつきます。

翌日、阿良々木くんは羽川さんの家に不法侵入しますが、
家族3人で住むには広すぎるほどの大きさの一軒家であるにもかかわらず、
羽川さんの部屋がない、ということに衝撃を受け、逃げ出します。

自宅に帰った阿良々木くんは火憐ちゃんを抱き締めた後、
白い猫の化物が暴れ回っているという話を聞きます。
ファイヤーシスターズがブラック羽川と関わるのを防ぐため、
阿良々木くんは火憐ちゃん、月火ちゃんと一緒に寝ます(※本当に寝ているだけです)。

阿良々木くんは学校へ行き、羽川さんの机を舐めます。
それをブラック羽川に見られ、ドン引きされます。

その後、阿良々木くんは5日間も忍ちゃんに土下座することで、
怪異だけを斬る『心渡(こころわたり)』という刀を貸してもらいます。

阿良々木くんは羽川さんに助けを求めるメールを送り、羽川さんをおびき寄せます。
そして実は羽川さんも精神までは障り猫に支配されているわけではなく、
羽川翼としての自我が残っていた、ということが判明します。

つまり、羽川さんは自分の意志で両親や無関係な町の人を襲っていたのです。

ところで、これまで『無関係な町の人を襲っていた』と書きましたが、
羽川さんの意志で襲っていたのだとしたら、
本当は無関係じゃなかったんじゃないかな、としまうましたは思います。
自分が虐待されているのを知っていたのに助けてくれなかった近所の人を選んで
襲っていたのではないか――と勝手な推測を働かせてしまいました。

阿良々木くんは羽川さんを挑発し、羽川さんが4ページに渡って
『死んじゃえ、死んじゃえ、死んじゃえ、死んじゃえ、死んじゃえ、死んじゃえ、
死んじゃえ、死んじゃえ、死んじゃえ、死んじゃえ、死んじゃえ、死んじゃえ、
死んじゃえ、死んじゃえ、死んじゃえ、死んじゃえ、死んじゃえ、死んじゃえ、
(中略)私にゃんて、死んじゃえ』
と言う、伝説のシーンの後、ついに羽川さんは阿良々木くんを襲います。

ところで、試しに言ってみれば分かると思いますが、
『死んじゃえ』って結構発音しにくいですよね?
それを何度も繰り返すとか、早口言葉というか声優いじめですwww

羽川さんは阿良々木くんを切り裂きますが、
阿良々木くんが体内に飲み込んでいた心渡に触れたため苦しみます。
そこを忍がエナジードレインし、この事件は『つばさキャット』や
『猫物語 白』に先送りされるのでした。


(アニメの「つばさキャット」の回想では、
阿良々木くんが路上でブラック羽川から逃げ回っているところを忍が助ける、
という感じだったので、アニメの猫黒では多少改変あるかなあと思ってたんですけど、
原作通りにやりましたね。
まあ、「つばさキャット」の回想は、あくまでもイメージ映像ということで……。)

ところで話が変わりますが、「この本の終盤で羽川さんと殺し合い寸前の死闘を繰り広げ、
忍ちゃんのエナジードレインによって事件が解決(先送り)された
」のは、
5月7日のことなんですよね。

そして、忍ちゃんのエナジードレインで事件が解決(先送り)されたのは同じ日の夜のことです。
その翌日の5月8日の朝、阿良々木くんは白い猫のお墓を掘り返し、埋め直し、
学習塾跡の廃ビルでゴーグルを被っている忍ちゃんを目撃し、
忍野に今回の事件のことを解説してもらった後、
学校へ行き、階段から落ちてきた戦場ヶ原さんを受け止め、
放課後には羽川さんと普通に会話をし、
戦場ヶ原さんに口の中にホッチキスを入れられるわけです。

……阿良々木くんのメンタルの強さを少し分けて欲しいです。

作中では阿良々木くんは否定してましたけど、
やっぱり猫黒が始まった時点での阿良々木くんは羽川さんのことが好きだったと思うんですよね。
しかし、終盤の事件でその淡い恋心に終止符が打たれ、
その穴を埋めるようなタイミングで現れたのが戦場ヶ原さんだったのではないかと思います。


ところで、この「猫物語 黒」のアニメが2012年の大晦日に放映されました。

それ自体は喜ばしいのですが、この話はやっぱり、
前日譚である傷物語を観て(読んで)いないと、
恋人同士になれそうでなれなかった2人の、切なく、
もどかしい感じがいまいち伝わってこなかったのではないかと、心配です……。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

結物語 (講談社BOX)

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年5月10日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。