貴志祐介「鍵のかかった部屋」3話「歪んだ箱」のネタバレ解説

土曜日の午前9時に、野球部の顧問の杉崎俊二は、野球部の部員たちに、
河原のいつものコースを三周して、帰ってこいと命令しました。
普通に走れば2時間以上かかります。

生徒たちが校門から出ていくと、婚約者であり、
同僚でもある飯倉加奈に話しかけられました。

加奈が自転車で走り去ると、杉崎は初めて建てたマイホームに行きました。

しかし、その家は、とんでもない欠陥住宅で、
少し前の地震で大きく地盤沈下して床が傾斜したり、
ドアや窓が開かなくなったり、雨漏りをしたりするようになっていました。

杉崎の伯母の夫である、竹本袈裟男(けさお)が社長の、
新愛工務店が建てた家だったのですが、
竹本は責任逃れを続けていました。

工務店の経営が苦しいからと土下座して頼まれたから、
杉崎は新愛工務店に頼んだのに、恩を仇で返されてしまいました。

この日、杉崎は「歪んだ箱」である家の中で、竹本と待ち合わせます。

杉崎は、この家は人が住めるような状態ではないことを説明しますが、
相変わらず竹本はのらりくらりと責任逃れをし、さらに、
杉崎が教師になる前に、
喧嘩で同級生を死なせてしまった過去をほじくり返されました。

事故という判定になったとはいえ、
それを知られたら加奈は婚約解消するでしょう。

杉崎は決意を固め、竹本に柔道の朽木倒しという技をかけ、
竹本の顔面を押さえて、剥き出しになったコンクリート部分へと、
力いっぱい、後頭部をぶつけて殺害しました。

その後、杉崎はその家を密室状態にしましたが、
警察は杉崎に疑いを向けていました。

事件から一週間後、杉崎は、青砥純子に、警察から守って欲しいと依頼し、
現場の家を見に行くことにしました。

しかしその家には、
密室だったか判定してほしいと警察に依頼された榎本がいました。

今回は、榎本と純子が別陣営に分かれて対決することになってしまいました。

玄関のドアは内開きなのですが、ドア枠が歪んでいるせいで、
ドアをきちんと収めることができません。

ドアの内側からドアを叩く以外に、ドアを閉める方法はありませんでした。

しかし、出入り口になりそうなのは、
1~2センチほど開いた状態で、家の重みで動かなくなった、
キッチンの窓くらいしかありませんでした。

竹本の遺体が発見されたのはリビングでしたが、
この部屋も玄関同様、内側から叩くことでしか締めることができませんでした。

しかも、キッチンとリビングを繋ぐドアは通行不可能なので、
エアコンのダクト用の穴くらいしか、開口部はありませんでした。

1人でこの家の様子を見に来た竹本が、玄関とリビングのドアを自分で締め、
雨漏りしていた水で足を滑らせて転んで亡くなった、
というのが杉崎が用意したストーリーでした。

しかし、榎本は、
ドアを叩くためのソフトハンマーを竹本が持っていなかったことから、
そのストーリーに疑問を抱いていました。

また、第一発見者の杉崎が、できるだけ密室をこじ開けるのを躊躇したため、
不自然な行動をとってしまっていました。

榎本は、密室トリックを順番に説明します。

まず、玄関のドアは、「内側からドアを叩いて締めた後、
キッチンの窓から脱出しました。
窓の隙間に、ジャッキを噛ませて持ち上げることで、
窓を開け閉めできるようになるのでした。

リビングの密室は、ダクト用の穴から、
ピッチング・マシンでテニスボールを飛ばし、ドアを叩いて締めました。
部屋に散乱したボールは、床が傾斜しているため、
自然とダクトの方へ集まってきます。
また、角度をつけてビニールシートをテープで張っておいたので、
一ヶ所に集めることができました。

後は、それを掃除機や鳥もちのようなもので、
ダクトの穴から吸い出し、ビニールシートを回収すれば、密室の完成です。

テニスボールには黄色いフェルトの毛が生えており、
その毛が部屋中に飛び散り、一部はドアの木の繊維にまで入り込んでおり、
トリックが使われたことを証明できました。

また、事件当日、野球部員たちが、杉崎の車が出ていくのを見て、
学校に戻ってバッティング練習をしようとしたら、
ピッチング・マシンが見あたらなかった、という証言もありました。

純子が杉崎の弁護をしてくれることになりましたが、
杉崎は加奈を失い、人生そのものを棒に振ってしまいました。
この歪んだ箱――いびつな復讐心に囚われて、
と杉崎が考えたところで、この話は終わります。


というあらすじなのですが、このシリーズの短編は、
容疑者が限られている場合が多いので、
最初から犯人が分かっている倒叙ものと相性がいいですね。

犯人は分かっていても、トリックが意外で、凄く面白かったです。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

結物語 (講談社BOX)

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年4月10日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。