似鳥鶏「さよならの次にくる〈新学期編〉」「断章1~5」のネタバレ解説

〈卒業式編〉の第1話から4話までの間と、
〈新学期編〉の第5話から7話までの間に、
それぞれ話と話の間に「断章」があります。
どれも短いので、ここで1つにまとめてネタバレ解説します。

まず、断章1は、ある作家が、
サイン会をやっているシーンの話です。

20歳くらいに見える、スーツを着た若い男が、
サイン会にやってきます。
去り際、その若い男はなぜか左手を出して握手を求めました。
悪手に応じると、その若い男は、
「お久しぶりです。天童先生」と言い、手を離しました。
数秒ののち、作家は急いで若い男の姿を捜しましたが、
その時にはもう消えていました。


断章2は、少女が父親の様子がおかしい、と思う話です。

夕食の時、学校であったことを話しただけなのに、
父の表情が硬くなり、そのまま書斎に行ってしまいました。

少女が書斎のドアを開けると、父親は手紙を読んでいました。

父親が電話に出るために書斎を出ていくと、
少女は机の引き出しを調べ、その手紙を読みました。


断章3は、ある高校教師が、愛心学園の生徒に訪問されました。
その生徒が帰った後、その教師は煙草を吸い、
伊神よ、お前今度は、何をやったんだ?と考えました。


断章4は、伊神が昔住んでいたスカイハイツを、
葉山が再び訪れ、ドア脇にある謎の英語の落書きを読み返す、
という内容です。


断章5は、雨の日に、葉山が校門の外に立っている、
30歳よりもう少し上くらいの女の人を見かけ、
誰かを待っているなら校門の中に入ってもいいですよ、
と声をかける話です。
しかし、女の人は葉山の言葉に反応しませんでした。
しばらくして振り返ると、女の人はなぜか、
まだ葉山の方を見たまま佇んでいました。

という内容なのですが、これらの断章の意味は、
第7話と8話で明らかになります。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年8月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。