星新一「待機」のネタバレ解説

世界中の人類が一丸となって宇宙進出を目指し、
とうとう宇宙船が遠い星に着陸しました。

記念に、丘の上に旗を立てると、
大きなリスのような生物が集まってきました。
その顔には知性があり、この星の住民のようでした。

翻訳機を使うと、リスに似た住民は、
この旗は何なのかと言っていました。

すばらしい星である地球の発展が、
ここまで及んだことを示すために、旗を立てたのだ、
と隊長が説明しました。

アルゴンやゲルマニウムのような貴重な資源を採集して帰りたい、
と隊長が言うと、住民たちは、こんな遠くまで、
取りにくることもないでしょうに、と言いました。

地球の資源だけでは、たりないのだ、
われわれは限りない幸福を実現しようと努めているのだ、
と隊長が言うと、住民たちは驚いているようでもあり、
喜んでいるようでもある態度をとりました。

翌日の朝、資源の調査に出発しようとすると、
また住民たちが集まってきて、
自分たちの星のために、よその星の物を、勝手に持ち出そうとする、
という隊長の話を聞こうと思ってやってきた、と言いました。

住民たちも、以前にそのことについて議論し、
それは許されないことじゃないかと、結論を出した、と言います。

隊長は、われわれの幸福ために資源や植民地が必要だし、
たかがリスのために、われわれ人類ががまんしなければならないなんて、
考えられないよ、と言いました。

すると、「近くの丘のひとつが地すべりを起こし、
地球から乗ってきたものより、
はるかに高性能で巨大な宇宙船があらわれました。

もう遠慮はいらない、と住民は言います。

隊長は、隊員に向かって、住民たちに麻酔銃を撃てと命令します。
しかし、その前に、住民は隠しもっていた小さな装置から光線を発射し、
隊員たちの手をしびれさせました。

住民は、地球に案内してもらい、
たいしたものはないだろうが地球を植民地にしよう、と言いました。


というあらすじなのですが、
地球上で植民地は駄目だという結論になったのに、
宇宙でならそれが許されると思ってしまった
隊長のダブル・スタンダードが駄目でしたね。

タイトルの「待機」は、
リスに似た住民の星を植民地にしたがる奴が現れるのを、
住民たちが待っていた、ということなのだと思います。

他の星を植民地にしようとしている星は、
自分たちが植民地にされても文句を言えない、という理屈です。

それにしても、鉱物が目的なら、
わざわざ生物が住んでいる星に行かなくても、
無人の星で採取すればよかったのに、と思いました。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年6月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。