乙一「ZOO1」2話「SEVEN ROOMS」のネタバレ解説

小学生の主人公の「ぼく」は、母親が買い物をしている間、
デパートの近くの並木道を中学生の姉と一緒に歩いていたところを、
突然後ろから殴られ、拉致監禁されてしまいます。

土曜日の午前3時に目を覚ますと、主人公と姉は、
壁も床もコンクリートでできた部屋の中にいました。

部屋の中には溝があり、汚い水が流れています。

一度眠り、朝の8時に目を覚ますと、
扉の下の隙間に食パンが一枚と、
綺麗な水の入った皿が差し込まれていました。

何もできないまま2日目の日曜日になりました。

主人公は姉に頼まれ、汚い水が流れる溝の中に入り、
上流に向かって進みました。

すると、そこにも主人公と姉が監禁されていたのと同じような部屋があり、
姉より少し年上に見えるくらいの女の人がいました。

さらにその先の2つの部屋も、同じような状況になっていました。

そこから先は、溝に鉄柵がしてあって進むことができませんでした。

姉が待つ部屋に戻ると、姉は、自分たちがいる部屋は、
上流側から数えて4つ目の部屋だと確認しました。

今度は下流へ向かって進むと、
またしても女の人が閉じ込められていましたが、
下流へ向かって2つ目の部屋には誰もいませんでした。

3つ目の部屋には、様子のおかしい女の人がいて、
毎日、午後6時になると、溝を、
細かく切り刻まれた死体が流れていくと言いました。

そこから先は、鉄柵があって進むことができず、
姉の待つ部屋に戻りました。

午後6時になっても、溝を死体が流れていくことはありませんでした。

3日目の月曜日に、姉に頼まれ、他の部屋の女の人達に、
何日前に閉じ込められたのかと、溝の中を死体が流れるのを見たかどうか、
聞いてきました。

昨日空っぽだった、6番目の部屋にははじめて見る女の人がいて、
7番目の部屋は無人になっていました。

死体を目撃した人は誰もいなくて、上流にある部屋の人の方が、
閉じ込められている期間が1日ずつ長いことが判明しました。

姉は、部屋の隅に、姉のものではない長い髪の毛があるのを発見し、
自分たちの前に誰かがこの部屋を使っていたのではないか、と推測しました。

1日に1人ずつ、部屋の中で殺されて、溝に流され、
その隣の空っぽだった部屋には、人が入れられます。
順番に殺され、また人は補充されるのです。

主人公は1番目の部屋に人のところに行き、
今日は1番目の人が殺される番だと伝えましたが、
女の人は信じないと叫びました。

午後6時になると、細かく切り刻まれた1番目の部屋の人が、
溝を流れていきました。

4日目の火曜日に、主人公は溝を通って、
女の人たちに姉の推測を伝えて回りました。
7番目の部屋には、新しい住人が入れられていました。

主人公は、今日殺されるはずの女の人がいる2番目の部屋に行き、
女の人の家族に渡してほしいと言われ、
小さな十字架のついたネックレスを渡されました。

午後6時になる前に姉の部屋に戻り、
2番目の部屋の人の死体が溝を流れていくのを見ました。

5日目の火曜日に、今日殺される3番目の部屋の女の人のところへ行き、
ここを出ることができたら両親に渡してほしいと、手帳を渡されました。

しかし、その女の人が時計を持っていなかったこともあり、
いつの間にか午後6時になっていました。
扉の前に誰かが立つ気配があり、主人公は溝に入って、
近くにある上流側に隠れました。

そして、水の中で目を開け、男が電動のこぎりで、
手帳をくれた女の人を切り刻んでいるところや、
鉄の扉の外側に閂があるのを目撃しました。

(余談ですが、もし主人公が下流側に進んでいたら、
死体が流れてくるので水の中で目を開けることはできませんでした。)

その日は1番新しい住人がいる1番目の部屋の人の部屋で過ごし、
6日目の木曜日に、姉が待つ部屋に戻りました。
姉は、食パンを食べずに待っていてくれました。

その日が、姉と主人公が殺されるはずの日でした。

姉は、このままじゃすまさない……とつぶやいていました。

主人公は溝を通って全部の部屋を回り、挨拶をしました。

午後6時になる前に、主人公は姉と小さかった頃の思い出を話しました。

扉が開き、電動のこぎりを持った男が這入ってきます。
姉は両腕を突き出し、背中をかばいながら、
「弟には指一本、触らせない!」と叫びました。

しかし、男は電動のこぎりで姉の手を切断しました。
主人公は、「隠れていた溝の中から出て、
部屋の外に出て、扉を閉めて閂をかけました。

他の部屋の皆から分けてもらった服を、主人公の服の中につめ、
姉はそこに主人公がいると思わせる演技をしていたのでした。

男は主人公が溝を行き来できることを知らないはずなので、
主人公は溝に隠れ、姉は溝から遠い位置にいて、
主人公が部屋の外に出る時間を稼いだのでした。

部屋の中からは、姉の笑い声が聞こえました。
主人公は他の部屋の扉を開け、女の人たちを脱出させます。
しかし、姉を助けようとしても犯人から返り討ちにされるだけだろうから、
部屋から出られたらすぐに逃げなさい、
という姉の言葉を全員に伝えていたので、
誰も助けようとは言いませんでした。

主人公は、首から十字架のついたネックレスを下げ、
両親への言葉が書かれた手帳を持ち、
姉の形見の腕時計をはめながら、外の世界に出ました。


というあらすじなのですが、「主人公を助けるために
犠牲になった姉のことを考えると、胸が痛みます。
もともと姉弟仲が良くなかった、という描写があるので、尚更です。


結局、殺人鬼の男がどうしてこんなことをしていたのか、
という説明は全くないまま終わるのですが、
そこがメインの話ではないので、これでいいのでしょうね。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年8月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。