星新一「たのしみ」のネタバレ解説

山と山の間に、たのしみなど全くなさそうな小さな村がありました。

ある夏の日、登山服姿で、札束の入ったバッグを持った都会の男が、
村にやってきました。

男はある農夫の家を訪ね、ひと晩とめてほしいと頼みました。

ラジオもなく、新聞も3日後まで来ないと知ると、
男は安心して眠りました。

その間に、農夫はお祭りのことで寄り合いがあると言い、
出かけて行きました。

集まってきた村人に、年寄りの巫女が、
その男は人殺しで、ふたり殺している、と告げました。

翌朝、男は荒縄で縛られていることに気づきます。
やがて、高い杉の木、それにたてかけてある梯子、
枝から下がっている縄が見えました。

男は、ふたり殺したことを認め、警察につき出してくれと言います。

しかし、「男はそのまま殺されてしまい、
林の奥ふかくに埋められました。。
10年経ったら掘り出して、お祭りをするのだそうです。

来年は、昔殺された人のお祭りだと誰かが言い出し、
村人たちは『たのしみだな』と言い合いました。

この後、田舎の村の平和な風景描写があり、物語は終わります。


というあらすじなのですが、今回はオチらしいオチはありませんね。

ただ、平和な農村と、そこで行われる忌まわしい因習の対比が、
ジャパン・ホラーです。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年6月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。