星新一「宇宙通信」のネタバレ解説

地球の高い山の上に建設されたパラボラアンテナから、
宇宙のどこかにいるに違いない知的生物との交信を求めて、
電波を出し続けていました。

100年後、ようやく電波が返ってきて、
文明のある星の存在を知ってうれしい、と発信しました。

すると、長い年月をかけて、
その星の言葉らしき返事がきますが、内容はわかりませんでした。

1から10までの数字をくり返し送り、
地球では十進法が行われているということを知らせると、
長い年月ののち、二進法を使っているという返事がきました。

しかし、こんなに時間をかけていてはやりきれないということで、
思い切って、写真と絵とモールス符号をぎっしりと書き込んだ書類を、
銀色の小型宇宙船におさめて発射しました。

それと同時に、おくりものを送った、という電文も発信します。

書類をつんだ宇宙船は、ぶじに相手の星に届きました。

しかし、それを見たその星の住民は、「残酷きわまるやつらだ、
こんなやつらがのさぼりはじめたら、ひどい目にあう、
と言い合い、星じゅうの放射性物質を集め、超大型の核爆弾を作り、
地球へ向けて発射しました。

そして、ついに地球からの電波はとだえ、住民たちは喜びあいます

松の木から進化した植物性人間たちは、
『からだをこなごなに砕いて、薄くひきのばすなんて、
ひどい風習のある星だな』と、緑色の顔をみつめあいました。


というあらすじなのですが、この発想はありませんでした。。

人間にしてみると、「人間そっくりの生き物の皮膚で羊皮紙を作り、
そこにレーザーで文字を書かれたものが、宇宙人から送られてきた、
という感じなのでしょうか。
見やすい記事一覧はこちらです。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年10月8日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。