星新一「凍った時間」のネタバレ解説

主人公のムントは28歳のときに事故に遭い、
脳以外はすべて機械の身体を持つサイボーグになりました。

その姿は他人を怖がらせるため、
ムントはビルの地下で孤独な毎日を送っていました。

しかしある日、テレビに何も映らなくなったことをきっかけに
外に出てみると、町中の人や犬が倒れています。

途方に暮れているムントに、
「こんな場所で、なにを、ぼやぼやしているのだ」
と話しかけてきた男がいました。
相手は勝手にムントを仲間だと思い込み、服や銃を与えると、
30分後に第一官庁ビルの前の広場に来るようにと言い、
去っていきました。

その時間にその場所へ行くと大勢の人が集まっていました。
彼らは人体の筋肉をまひさせてしまうガスをまき、
人々が眠っている間にクーデターを起こそうとしたのでした。
ムントはリーダーの男を殺し、
町中で眠っている人たちに紛れ込みます。
しかし人々が起き上がると、ムントの姿を見て嫌なまなざしを向けるため、
ムントはこそこそとビルの地下へ戻るのでした。

人知れず世界を救ったムントが、
誰からも感謝されないばかりか嫌なまなざしを向けられる、
というところで話が終わっています。
何だか悲しい気持ちになる話です。

ムントがサイボーグであるため分かりにくいですが、
要するにこれは『外見で判断する人々』を題材にした話だと思います。

例えば男の子が大好きな戦隊ヒーローものだと、
正義の味方であるヒーローたちはかっこいい外見をしており、
倒される怪獣たちは醜い姿をしていますよね。
でも、中には醜い姿をした正義の味方だっているのではないか、
としまうましたは思いました……。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年6月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。