星新一「冬きたりなば」のネタバレ解説

エヌ博士は超高速の独自な理論を考えつき、
それを応用した宇宙船の設計を完成しました。

しかし、研究のためにすべての財産を使いはたしてしまったので、
多くの会社を訪れ、遠くの星で賞品の宣伝と売り込みをしてきます、
と言い、資金を集めました。

宇宙船の外部は広告で埋め尽くされ、
宇宙船の中には商品が積み込まれました。

エヌ博士は1人の助手と一緒に宇宙に飛び立ち、
やがて地球よりいくらか文明が劣る星を見つけました。

あまり文明が高いと、運んできた商品を笑われてしまうので、
ありがたい、とエヌ博士は言い、その星の野原に着陸しました。

広告を見て集まってきた善良そうな住民たちに、商品の説明をすると、
住民たちの目には素晴らしい宝にうつったようでした。

ところが、住民たちは心から欲しそうなようすなのに、
いらないという意思を示しました。

理由を聞いてみると、この星はこれから冬に入り、
冬の間は冬眠してしまうので、来年の春になったらまた来てほしい、
と住民たちは言いました。

すでに冬にそなえて、収穫物はすべて貯蔵してしまい、
代金としてはらうために引っぱり出すのは大変な作業なのだそうです。

エヌ博士は、商品を置いていき、来年の春に後払いしてもらうことにし、
宇宙に出ました。

助手に頼み、こんど訪れるときのために、
先ほどの星の軌道を計算してもらいました。
すると、「あの星の軌道は細長い楕円軌道で、
これからは太陽から遠ざかり、
すべてが凍りつく状態に入るのだと判明しました。

つまり、冬が長く、太陽のそばに戻って、春が訪れるまでには、
地球の時間で5000年ほどかかるのだそうです。


というあらすじです。

科学者というのはみんな同じかもしれませんが、
エヌ博士は商売が下手ですね。

どうせ春にもう1度訪れるのなら、そのときに備えて予約注文を受け付け、
今積んである商品は別の星で売ればよかったのに、と思いました。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年8月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。