星新一「よごれている本」のネタバレ解説

エヌ氏は、古本屋で、なにか変った本はないかと聞きました。

すると主人は、古道具屋から引き取った、
よごれている本を取り出してきて見せました。
古道具屋によると、払い下げてもらったなかに、
その本がまざっていたのだそうです。

その本はラテン語で書かれていましたが、
エヌ氏の専門もラテン語だったので、
魔法の本だと解読することができ、購入しました。

2日後、本がよごれているのに、ページが破れているなど、
いたんだ部分がないことに気がつきました。
ページのはじを引っぱっても破ることができず、
ライターの炎を近づけても燃やすことができませんでした。

エヌ氏は興味を持ち、本に書かれている通りに、
いろんな儀式をしたり、怪しげなものを集めて捧げたりしました。

やがて、麻糸で作った輪の中に、悪魔が現れました。

エヌ氏は、悪魔がこんな所に出てきたわけを聞きますが、
かんじんな部分が聞き取れず、輪の中に入りました。

すると悪魔は、「魔王のための犠牲を集めてまわっている、
と言い、エヌ氏をとがった爪でつかみ、
どこかに連れ去ってしまいました。

後日、アパートの管理人は、エヌ氏が無断で引っ越したのだと思い、
エヌ氏の荷物と一緒に、よごれている本も古道具屋に売ってしまいました。


というあらすじなのですが、エヌ氏の前の持ち主も、
エヌ氏と同じ目に遭い、家族や大家や管理人によって、
本を古道具屋に売られていたのでしょうね。

興味を持った人が本に書いてある儀式を実行し、
悪魔を呼び出すことで、悪魔は効率よく
魔王のための生贄を集めることができるのでしょう。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年6月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。