西尾維新「結物語」第2話「のぞみゴーレム」のネタバレ解説

今回阿良々木くんがペアを組むのは、1話に登場した全歌ではなく、
29歳の兆間臨(きざしま・のぞみ)警部です。

兆間は小学生の頃に大病を患い、死にましたが、
彼女の祖父母は兆間の魂が滅びる前にその尻尾をがっちりとつかみ、
あらかじめ準備してあった泥の中へと混ぜました。
十分になじむまでかき混ぜて、泥と意識が分離不可能になったのちに、
孫の形に練り上げました。

そうして完成したのが、ゴーレム・兆間臨でした。

外見は人間ですが、中身は泥がぎっしりと詰まっています。

兆間の祖父母は孫の年齢に合わせて、
ちょこちょこ作り変えていましたが、
兆間が中学生の頃に亡くなってしまったため、
外観はその当時のままで固定されてしまっていました。

さて、今回の事件は通り魔事件です。

直江津高校から下校中の高校生、十数人が、
背後から鋭利な刃物で切りつけられる、
という事件が連続して起こっていました。

ただ、被害者の高校生たちはナイフを携えた悪漢を目撃しておらず、
切られたのが制服だけでその背中には傷一つついていないため、
全国紙で報道されるような事件にはなっていませんでした。

被害者達は1人で帰っていたため、目撃者もいませんでした。

通り魔が出没している現場は、
直江津高校と駅を最短で繋ぐ通学路でした。
阿良々木くんは自転車通学、あるいは徒歩通学だったので、
その通学路をほとんど利用していませんでした。

両脇は雑木林に挟まれていますが、街灯の数を増やし、
大通りとの接続部に、カーブミラーを両サイドに設置し、
安全性や治安には配慮していました。

泥の身体を維持するために、頻繁に水筒の水を飲みながら、
昔はこういう事件は「かまいたち」として処理されていた、
と兆間は言いました。

午前中は通学路の検証をし、阿良々木くんと兆間は、
昼休みに直江津高校で被害者達から話を聞きました。

兆間にとっても直江津高校は母校なので、
阿良々木くんにとって兆間は高校の先輩でもあります。
しかし、先輩として「わが主様」を使い走りのように使う兆間を、
忍は快く思っていませんでした。

被害者達から話を聞いた後、阿良々木くんは兆間と一旦別れ、
おうぎフォーミュラ」に登場した、
存在しない1年3組を訪れました。

阿良々木くんも神原も卒業した後、
忍野扇は高校そのものに居ついてしまい、
学校のシンボルみたいになってしまっていました。

扇は千石撫子が描いた漫画のデビュー3作目を読んでいました。
ペンネームは「なでこ」ではなく「なでしこ」と読みます。

撫子は中学校を卒業すると同時に、この町を離れているのだそうです。

今はエンターテイメント方面からプロジェクトを組み立てるために、
臥煙に漫画家としていいように使われているみたいです。

この辺りの話は、撫物語で語られています。

扇が現在ちょっかいをかけている生徒も数名、
通り魔の被害に遭っており、通り魔の話は知っていました。

まず、阿良々木くんは、扇の仕業じゃないかと確認しますが、
扇は否定し、ヒントを出すと言いました。

答えはくれないのか、と阿良々木くんが訊くと、
「私は阿良々木先輩の鏡ですから。
阿良々木先輩とて、出来のいい後輩ではないのでしょう」
と前置きしてから、どうして通り魔は下校中の生徒ばかり狙うのか、
登校中を狙ったっていいはずなのに、とヒントを出しました。

阿良々木くんと別行動をしていた兆間は、職員室に行っていました。
しかし、教師たちは通り魔事件の真相を探ろうとするより、
騒動を隠蔽しようとしていたのだそうです。

現場の通学路に戻った阿良々木くんと兆間は、
下校中の生徒たちを見張ることにしました。

阿良々木くんは吸血鬼の視力を活かして、
数百メートル単位で離れた山の中腹から、
カーブミラーを利用して通学路を見張ります。

一方、兆間は水筒の水を浴びて、泥の身体をどろどろにし、
通学路や両脇の雑木林の地面に身を潜めました。

阿良々木くんは羽川さんのことを思い出し、
なんであなたがそこまでしなきゃいけないんです、
ものには限度がある、と言いましたが、
兆間はこれまでひた隠しにしてきた己のプロフィールを、
人助けや正義のために使えることを最高に嬉しいと思っていたのでした。

その態度には、忍も「少しは見直したわい」と影の中で呟くほどでした。

下校時刻を過ぎ、真っ暗になってから、
阿良々木くんは現場に戻り、地面に水筒の水を撒き、
泥をかき集めました。

泥が集まり、兆間が人間の形を取り戻します。

しかし、表層部は鏡を見ながらでないとできないようで、
兆間はカーブミラーに近付きました。

それを見ながら阿良々木くんは、
被害者の高校生達は、切られたときは気付かなかったのに、
切られたあとで、なぜ気付いたのか、という疑問を持ちます。

カーブミラーに姿を映している兆間を見て、
その疑問が解けました。

扇が『私は阿良々木先輩の鏡ですから』と言っていたのは、
ほとんど答えだったのです。

被害者たちはカーブミラーを見ることで、被害に気付いたのです。

この通学路は発見現場であって、被害現場ではなかったのでした。

犯人は体育の授業や部活動などで、被害者が制服を脱いでいるときに、
校内で制服の背中の部分を切っていたのです。

生徒間の嫌がらせというか、ほぼいじめでした。
1人で帰宅している生徒ばかり狙われていたのも、それが理由でした。

教師たちに正式に通告し、今後の被害は未然に防ぐことになりました。


学校はストレス空間だったのを思い出した、と言う兆間に、
阿良々木くんは、いい思い出ばかりではなかったけど、
いい思い出も、楽しい青春も、間違いなくあったはずだ、と言いました。

というあらすじなのですが、今回は暦物語っぽい内容でしたね。

この話は3話の「みとめウルフ」に続きます。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

結物語 (講談社BOX)

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年5月10日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。