星新一「プレゼント」のネタバレ解説

宇宙の一角にあるラール星の住民は、
地球で核爆発が起こっているいるのに気付き、
1台の宇宙船を地球に向けて発射しました。

その宇宙船が地球に着くと、中から、
トカゲとカバを一緒にしたような姿の、
六本足の巨大な怪物が現れました。

ビルほどの大きさがあり、
歩くたびにその下の物が何もかも破壊されます。

その国の軍はミサイルを発射しますが、
あまり効果はありませんでした。

対立していた各国に応援が求められ、各国はそれに応じました。
怪物たちは繁殖をはじめるけはいを示しており、
ほうっておいたら、
世界じゅうが荒らされてしまいそうに思われたからです。

やっとのことで怪物を退治できると、
これからは地球上での争いは打ち切りにして、
宇宙からの相手にそなえなければならない、
と人々は反省し、原水爆の実験競争をやめました。

核爆発がなくなったのを知ったラール星の住民たちは、
「われわれの心のこもった贈り物が、役に立ったようだ、
と喜びました。
ラール星の巨大な住民たちは、
足元でじゃれつく六本足のペットたちの頭を撫でながら、
こんなかわいい生物を見たら、だれだって心がなごやかになり、
殺気立った気持ちも静まってくる、と言いました。

というあらすじなのですが、「共通の敵の存在を知らしめて、
地球上の国家間の争いを鎮める作戦だったのかと思いきや、
ラール星の住民はアニマルセラピーのつもりで
怪物を地球に送りつけていたのでしたw

人間から見ると猫は小さくて可愛らしい生き物に見えるけど、
鼠から見ると猫は巨大で邪悪な怪物に見える、
という感じの話なのでしょうね。
見やすい記事一覧はこちらです。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年10月8日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。