赤川次郎「メリー・ウィドウ・ワルツ」のネタバレ解説

メリー・ウィドウ・ワルツ (講談社文庫)


刑事を退職した並木京介は、
元同僚の松田に再就職の世話を頼みますが難しく、
途方に暮れていたところを、
知り合いの弁護士の山倉に助けられ、仕事を始めました。

その仕事というのは、未亡人、
二宮綾子が夫を殺害した証拠を掴む、
というものでした。
仕事を依頼したのは、綾子の夫の妹の狩野久子と、
その夫の狩野修一でした(綾子は久子にとって義理の姉)。

仕事のために並木は二宮綾子と接触し不倫関係になるのですが、
綾子との関係は並木の妻の美枝子や娘ののぞみの
知るところとなります。

おまけに「綾子の昔の恋人の桐生が殺されたり、
仕事の依頼人である、綾子の元夫の妹の狩野久子とその夫の刈谷修一に、
それぞれ借金があることが判明したりします。

やがて、綾子と一緒に食事しているのぞみの姿を美枝子が目撃し、
嫉妬にかられた美枝子は家出をしてしまいます。
母を苦しめてしまったことを後悔するのぞみは綾子を殺害することを
決意しますが、ほぼ同時に狩野修一も綾子を殺害しようとしていました。
彼らがバッティングしたために綾子殺害計画は消えます。

狩野修一の家のお手伝いであり愛人でもある聡子が、
並木と綾子を監視していた男の電話番号を残し、
何者かに殺されてしまいます。
その電話番号は松田のものであり、
松田を逮捕するようにと、並木は元上司に頼みます。

その少し前から失踪していた綾子が箱根の旅館にいることを知った並木は、
彼女を迎えに行くのですが、それを松田に尾行されていることに気付き、
逆に松田を捕まえることに成功しました。
そして、山倉に誘拐されていた綾子を救い、
自宅に帰った並木を待ち受けていた真犯人である山倉から、
山倉が並木を逆恨みしていたことを告白されたのでした。


以上であらすじは終わりですが、
結構いろいろと突っ込みどころのある話です。

(1)なぜ並木は再就職先も決まっていないのに刑事を辞めたのか?
最後までその理由が説明されなかったので、
再就職できずに苦しんでいるところを、
妻と娘のために怪しい依頼を引き受ける男、
という構図に無理が生じているような気がします。

(2)なぜ並木は綾子と不倫関係になったのか?
それが依頼人である狩野夫妻の指示だったからなのですが、
そもそも不倫関係になったからといって、
綾子が夫を殺したという証拠を掴むのは難しいですよね……?
ベッドの中で自白するのでも期待していたのでしょうか?
まあ、結局は並木を嵌めたかった山倉が仕組んだことだったので
別にいいのですが、並木が仕事に疑問を覚えないのが不思議です。
少なくとも元刑事のやることとは思えません。

(3)なぜ狩野修一は綾子を殺そうとしたのか?
物語の中盤、『二宮綾子を殺す。その遺産が、久子に入ることになる』
という理由で狩野修一は綾子を殺そうとしますが、
そもそも兄弟ですら遺留分(遺産を相続する法的な権利)はないのに、
綾子が死んだからといって、
義理の妹である久子のところへ遺産が行くことはないと思います。
もちろん、綾子が久子にすべての遺産を譲る、
という遺言を書いていれば話は別ですが、
そんな描写はありませんし……。
また、相続人を殺したり脅迫して遺言状を書かせたりした場合は、
相続の権利を失うという『相続の欠格』の問題もあります。
狩野が法律に詳しくなかったか、
妻が借金取りにレ〇プされたせいで狂っていた、
と解釈するしかありません。

(4)真犯人である山倉の動機が逆恨みにも程がある。
山倉は新人の雇われ弁護士であった頃、
上司から強盗殺人犯を家に匿うようにと言われ、
その通りにしていました。
そこへ、並木がやってきて強盗殺人犯を捕まえようとしたのですが、
強盗殺人犯は山倉の妻を人質にして立て籠もってしまいます。
一時間後に強盗殺人犯は投降してきますが、
その間に山倉の妻は強盗殺人犯にレ〇プされ、妊娠してしまいます。
のちに彼女は自殺未遂をし、入院しますが、1年ほどで他界しました。

結局、山倉が並木を恨んでいた理由というのは、
『強盗殺人犯を匿っている山倉の家へ行ったこと』
『近所の人が大勢集まっており、山倉の妻が見ている前で、
山倉のことをののしり、突き倒し、「使い走り」とからかったこと』
なのです。
……いやいや、山倉が並木を恨むのは筋違いでしょう。
強盗殺人犯とか、彼を匿うように指示した上司を恨むのなら分かるのですが。


というふうに突っ込みどころがたくさんありますが、
この本は、こんなふうにツッコミを入れながら読むものではありません。
めまぐるしく動くストーリーや、
登場人物たちの言動に感情移入するのを楽しむ小説なのです。
まあ、しまうましたのように「何でやねん!」と
ツッコミを入れながら読むのも、それはそれで楽しいのですがw
実際、初めて読んだときは普通に続きが気になって面白かったですし。 見やすい記事一覧はこちらです。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年10月8日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。