星新一「天使」のネタバレ解説

天使と出会い、天国へ行った少年は、美しい景色を目撃します。

しかしやがて、人がいないことに疑問を覚え、天使にその理由を尋ねます。
すると天使は、人々が手作業で天国を作っている場所へ案内します。

神様は世界は作ったが、天国までは作らなかったのです。
そこで、天国へやってきた人たちが山や川や木などを作ることにしたのでした。
あとから来る人たちを楽しませるために、永遠に。

そして、少年は目を覚まします。
そこは病院でした。
実は、睡眠薬を大量に飲んで自殺未遂をした少年の頭に、
医者が天国の幻影を送り込んでいたのです。
自殺を防止するために。

そして、医者が
『しかし、どうなのだろう。
あの天国の人たちを永遠に働かせるのは気の毒だと、
人類絶滅の大戦争をたくらむ、
心やさしい人物に成長するやつは出ないだろうか』
と独り言を呟いたところで話は終わります。

なぜ、人類が絶滅すれば天国の人が働かなくてもすむのか、
と疑問に思ったい人もいるでしょう。

それは、『人類が戦争を――つまり殺し合いをすれば、
全員が地獄に堕ち、天国へ行く人がいなくなるから』
という理由ではない と思います。

天国にいる人たちは後から来る人を楽しませるために作業をしているので、
後から来る人たちが絶滅してしまえば、作業をしなくてすむだろう、という意味だと思います。


……それにしても、天国が『何もない』状態だったら、
地獄というのもない気がしますよね。
もしかすると、あの天国こそが本当は永遠の地獄という場所なのではないか、
と深読みしすぎてしまいました。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

―――そう言うと新一はおもむろにジッパーを下ろし始めた…
プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年6月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。