蘇部健一「古い腕時計 きのう逢えたら…」のネタバレ解説

古い腕時計 きのう逢えたら・・・


蘇部健一さんはタイムスリップに関する小説を得意としていますが、
この「古い腕時計」もその中の1つです。

それぞれの主人公は異なりますが、
ある特殊な腕時計が止まった時間を時計屋で直してもらい、
それにより後悔していた1日をもう1回だけやり直せる、
という短編が7つ収録されています。

1つめの「片想いの結末」では、大学生の中丸裕樹は、
思いを寄せる七島珠美が目の前でトラックに轢かれるところを
目撃してしまいます。
珠美はその事故が原因で「左足を失い」、
自分が躊躇せずに珠美を突き飛ばしていれば、と裕樹は後悔します。
その後、車に轢かれていた猫を動物病院へ連れて行った後、
裕樹は事故の時間で止まっていた腕時計を修理に出します。

そしてもう1度同じ一日を繰り返すのですが、
珠美がトラックに轢かれるのを救ったものの、
既に珠美には恋人がいました。
昨日轢かれていた子猫を助けた裕樹は、
代わりに左足をトラックに轢かれてしまいます。
しかし、珠美の恋人がいい医者を探してくれたおかげで
足は切断せずに済みました。


2つめの「四番打者は逆転ホームランを打ったか?」では、
東京ジェッツというプロ野球チームに所属する大貫勝則は、
右脚の靭帯を痛めて入院していた病院で、
自分がホームランを打ったら心臓病の手術を受けるようにと、
13歳の少年と約束します。
しかしホームランを打てず、もう1度同じ1日をやり直します。
右足の痛みに耐えながらランニング・ホームランを目指しますが、
審判の判定はアウトで、ホームランを打つことはできませんでした。


3つめの「最後の舞台」では、
お笑い芸人を目指す牟田俊之の相方、木口聡太は重い病気にかかり、
2人にとって最後の舞台となるN-1グランプリの優勝を目指します。
しかし俊之は病状の重い聡太を死なせるのではないかと躊躇い、
当日になってN-1グランプリへの出場を諦めます。
しかしそれを後悔していた俊之は、もう1度やり直した1日で
聡太とN-1グランプリに出場します。
しかし俊之と聡太は敗退し、
聡太は死ぬ前に俊之に作家を目指すようにと言い残しました。


(ところで、漫才の中の、19世紀末のドイツで
溺れて死にかけている男の子を救うが、実はその子が――という話は、
赤川次郎」さんのショート・ショートにほぼ同じものがあるのですが……。
きっと偶然ネタが被ってしまったのでしょうね)

4つめの「起死回生の大穴」では、借金地獄に陥る穂積は、
あり金をすべて競馬に費やしますが、負けてしまいます。
もう1度やり直した1日では、「教会からお金を盗んだお金を元手に
大穴に賭け大金を手にします。
しかし帰りに教会に寄り、そのお金が心臓病の手術のために集めた
寄付金だったことや今持っている金額とぴったり一致することを知り、
穂積は大金をそのまま教会に置いて立ち去り、
妻と子供に会いに行ったのでした。


5つめの「おばあちゃんとの約束」では、
小説の新人賞の発表の結果待ちのために
祖母との死に目に会えなかった松橋瑛二が、
もう1度同じ日を繰り返して祖母とお別れをする話です。
個人的にはこれが一番感動して涙ぐんでしまいました。

6つめの「明日に架ける橋」では、
轢き逃げの逃亡犯である桐谷武が時効を目前にして銀行に行ったところ、
轢き逃げ事件の目撃者である進藤有希子が
銀行強盗に射殺されるところを目撃してしまいます。
もう1度同じ日を繰り返した桐谷は「進藤有希子を救いますが、
代わりに自分が撃たれてしまい、
最期に彼女に臓器提供意思表示カードを渡しました。


7つめの「運命の予感」では、プロの囲碁棋士を目指す健助は、
テレビに偶然映った女性に運命を感じ、彼女に会いに行くのですが、
途中でトラックがアパートに突っ込み事故を起こすのを目撃し、諦めます。

その直後の対戦で健助は不戦勝となりプロになります。
もう1度同じ日を繰り返したときは事故を未然に防いだため運命が変わり、
対戦相手の妊婦を助けたことがきっかけでプロ棋士にはなれませんでしたが、
その記事を読んだ運命の女性と巡り合い、結ばれることができました。


また、最後のエピローグでは「『四番打者はホームランを打ったか?』に
登場した少年が大貫の姿に勇気づけられ心臓の移植手術を受けていたことが
判明しました。


さて、最後に7つの物語のつながりですが、
『運命の予感』の最後に登場した健介の息子というのは、
『片想いの結末』の中丸祐樹です。
また、話の最後に猫と遊んでいる子どもの挿絵があるので、
裕樹は彼が助けた子猫の飼い主の女性と結ばれたのだと推測できます。

次に、『四番打者~』と『明日に架ける橋』は同じ日の出来事です。
『四番打者~』の時計屋の店主は
『きょう、この時計をお持ちになったのは、あなたがふたり目なものですから』
と言っていますし、『明日に架ける橋』では、桐谷は
『なんたって、ジェッツの七連勝がかかってるんだからな』
という会話を耳にしています。
ですから、桐谷の心臓こそが問題の少年に提供された心臓だったのでしょう。

そしてその心臓の移植手術の代金は『起死回生の大穴』で穂積が寄付したもの
だったのでしょう。

そして『おばあちゃんとの約束』で瑛二が新人賞で敗れた相手というのは、
『最後の舞台』の牟田俊之です。
その根拠はどちらも最後に東京タワーの挿絵があるのと、
新人賞の受賞者は記者会見のあるホテルの近くに住んでいるのに、
この病院の近くで知らせを待っていたということです。
聡太が入院していた病院にいることで験を担ぎたかったのと、
聡太の恋人であった看護師の博美に報告するためだったのでしょう。


時系列としては、時計を修理に出した日を軸に考えると、
運命→片想い
起死回生→明日≒四番
最後→おばあちゃん
までは、話の繋がりから簡単に推測できます。

しかし、それ以降は少し考える必要があります。

ここで手掛かりとなりそうなのが、日時や曜日と時計屋の店主のセリフです。
片想い→月曜日。「私は、一度も見たことがなかった」
四番→月曜日。「きょうこの時計をお持ちになったのは、あなたがふたり目」
最後→「この腕時計を目にするのはやっとこれで三度目」
起死回生→11月7日土曜日。
おばあちゃん→12月。
明日→2010年4月26日月曜日。「めずらしい時計をひさしぶりに見た」
運命→初代。

まず、「きょうで閉店」というフレーズが推理に全然役に立たないことが分かります。
少なくとも4月、11月、12月のときに毎回「きょうで閉店」と言っていますから。

「運命」だけ2代目ではなく時計を作った初代の店主らしいので、
これが一番古い話なのでしょう。

次に、「片想い」で2代目店主が「私は、一度も見たことがなかった」と言っているので、
これが2番目の話です。

そして「最後」で「この時計を目にするのはやっとこれで三度目」と言っていることに注目すると、
「明日」≒「四番」の話が終わった時点で2代目店主は少なくとも3回はこの時計を目にしているので、
「最後」は「明日」以前の話であることがわかります。

さて、それらを踏まえて正しい順列の組み合わせを考えると……

運命→片想い→起死回生→最後→明日≒四番→おばあちゃん
運命→片想い→起死回生→最後→おばあちゃん→明日≒四番

のどちらかに絞られます。

ところで、「明日」と「四番」が2010年4月26日なので、
「起死回生」は2009年以前の11月7日土曜日です。
11月7日が土曜日になるのは、2000年以降では2009年だけであり、
また、少年が「四番」の時点で13歳であることを考慮すると、
「起死回生」は2009年11月7日のことであると分かります。

そして「最後」は2009年11月7日から2010年4月26日までの出来事であり、
「最後」の牟田俊之は作家を目指し始めてから数年間は芽が出なかったことを考えると、

運命→片想い→起死回生→最後→明日≒四番→おばあちゃん

であると推理できるのです。

……それにしても、久しぶりにネタバレ解説らしいことをしたような気がしますwww                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

これって時系列特定できたんだな
気付かなかった
プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年6月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。