時雨沢恵一「キノの旅」20巻口絵「海のない国」のネタバレ解説

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)


キノとエルメスは、大きな大きな大陸の中央にある、
小さな小さな国を訪れました。

キノは、5年8ヶ月ぶりのお客だと言われ大歓迎されましたが、
エルメスは「物」と認識されてしまい、
入国すら拒否されそうになりました。

歓迎会で、キノは国長から、海とは何かと訊かれます。

広い場所にしょっぱい水がたくさんあるということは分かっても、
その本質が、彼らには分からないのです。

すると、大雨の中、外でずぶ濡れにされていたエルメスが、
海とは『心』である、と言い、
詩的な表現で海をたとえました。

その後、その国には石碑が作られ、エルメスの言葉が残されました。

その石碑の裏には、その言葉は、人以外に心を持つものが我が国に伝えた、
と書かれていました。


というあらすじなのですが、最初は「物」扱いされたエルメスが、
海を「」に例えたことで、
その国の人々はエルメスに心があると認めたわけですね。

ロボットや人工知能に心があるのか、というのはよくあるテーマですが、
キノの旅シリーズを読んでいると、
エルメスに心があるのは当たり前だと思ってしまうので、
いつの間にかそんなことも考えなくなっていますね。

(キノの旅20巻 口絵 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 プロローグ 宇宙編45話 あとがき                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年7月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。